ニュース
2006年11月08日 18時53分 更新

マイクロソフト、「XNA Game Studio Express Beta 2」を発表

マイクロソフトは、Xbox 360およびWindows向けのゲーム開発ツール「XNA Game Studio Express Beta 2」を発表。ダウンロード提供を開始した。

 マイクロソフトは、Xbox 360およびWindows向けのゲーム開発ツール「XNA Game Studio Express Beta 2」を発表。ダウンロード提供を開始した。

 今回のアップグレードにより、XNA Framework Content Pipelineが追加され、Autodesk 3ds Max、Autodesk Maya、SOFTIMAGE |XSI などのサードパーティ製デジタル コンテンツ作成ソフトウェアで作成した2Dおよび3Dコンテンツを、ゲームデベロッパーがより簡単かつシンプルに自分のゲーム プロジェクトに取り込めるようになるとのこと。またAutodeskとの提携による、.Xおよび Autodesk FBX 3Dの資産を対象とした新しいコンテンツ読み込みツールが提供されているほか、コミュニティからのフィードバックに基づき、ゲーム コンポーネントのアーキテクチャがよりシンプルな設計となり、使いやすさが向上した、としている。

 今回のβ2提供により、「XNA Game Studio Express」はほぼ最終版に近づいたとのこと。このほか、XNA Game Studio Express専用に設計されたツールセットであり、Torque Game Builder、Torque Game Engine、Torque Shader EngineをXNA プラットフォーム上のひとつのパッケージにまとめた GarageGamesによる「Torque X」の非公開ベータもリリースされている。

 なお、先日発表されたとおり、「XNA Game Studio Express」を利用して作成したゲームをXbox 360上で動作させるためには「XNA クリエイターズ クラブ メンバーシップ」への加入が必要。日本での価格は年間1万290円(税込)、4カ月のお試し版は5040円(税込)で提供される。

 XNA Game Studio Express の最終版は米国時間の12月11日(日本時間2006年12月12日)より提供開始され、「XNA Game Studio Professional」は2007年夏に提供開始予定となっている。

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping