ニュース
2006年11月09日 16時06分 更新

PS3、発売日からシステムアップデート開始――PSPも11月下旬には「3.00」へ

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンは、11月11日に発売されるプレイステーション 3について、発売日と同時にシステムソフトウェアをアップデートし、バージョン1.10とすると発表した。
画像

 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンのニュースリリースによると、システムソフトウェアをバージョン1.10にすることで、同社が発売とともにサービスを開始する「PLAYSTATION Network」の各種サービスが利用できるようになるとのこと(関連記事参照)。このほか、PSPについても11月下旬にはシステムソフトウェア バージョン3.00を提供予定。これにより、PLAYSTATION Networkにて配信されるPSP向けゲームソフトが利用可能になるほか、プレイステーション 3 60GBモデルの無線LANを経由して利用できる「リモートプレイ機能」が使えるようになる。

 プレイステーション 3はこれまでのプレイステーション 2とは異なり、あらかじめネットワーク利用を想定して作られているマシンのため、今後もシステムアップデートは頻繁に行われるだろう。プレイステーション 3を購入するユーザーは、インターネット環境を用意しておくことをお勧めしたい。

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping