トップ10
2006年11月15日 15時48分 更新

PS3さん、お誕生日おめでとうございます

先週はやはりプレイステーション 3の発売日ということもあり、当たり前のように盛り上がったという印象。トップ10の内訳を見てみると、やはりことごとくPS3関連で埋め尽くされて……ない。あれ、名人?

 11月11日はプレイステーション 3のお誕生日でした。お祝いしたい人がわんさかと寒くなり始めた街に飛び出し、誰よりも早く獲得しようと店頭に並ぶ姿を、全国至るところで見ることができました。我々取材班も東京各所に出向き、その様子をリポートいたしました。関東は折からの雨の中での発売となってしまい、ずぶ濡れになりながら並ぶ姿が印象的でした。

 日本国内での初回出荷台数が10万台ということで、激戦となった地区もあった様子。今回のPS3購入作戦を綿密にとった購入予定者は、主に掲示板やSNSなどの購入希望コミュニティを存分に活用していたらしい。「あっちの店舗に大量に入荷されたらしい」とか「現在、ここが空いている」など。要は口コミなわけですが、だからこそ確実な情報だったりもするわけで。もちろん虚報も多く、空振りになった諸氏もいたかと思います。

 現在、+Games QUICK POLLではPS3を購入できたかどうかのアンケートを取っているのですが、少なくとも購入の意思ありの方がまだ半分以上は控えている様子。今後の再入荷がいつされるのかが見えてはいないが、今頃工場ではせっせと生産が行われていることでしょう。今しばらくの我慢が必要なようです。

 どうでもいいことですが、発売当日の様子を伝える記事の更新時間が11月11日11時11分になっていることに気がついた人いましたか? なにげに狙ってやってみたわけですが、誰からもなんのツッコミも受けませんでしたので、ここに公表してみます。あまりにも虚しい公表ですが。まあ、アホだなぁと思っていただければ幸いです。

 さて、こうしたPS3協奏曲の鳴り響いた先週のトップ10の記事の中、唯一PS3とは無関係な記事が光り輝いています。そう、高橋名人が役職名も“名人”になったというもの。実際に高橋名人にコメントをいただきましたが、記事にも書いたとおり「特に変わっていない」とのこと。しかし、ゲーム全般のマーケティングを担当することになったことから、今後はさまざまな場所での発言力が増したことになるようです。しかし、役職に“名人”がある会社というのも粋だと思いませんか?

[加藤亘,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping