ニュース
2006年11月22日 18時56分 更新

「マビノギ」TVCMが12月から放映――挿入歌に田中理恵さんが参加

wk_0601122ma01.jpg

 ネクソンジャパンは、MMORPG「マビノギ」のテレビCMを12月から放映すると発表した。今回のCMは日本でコンテを切り、韓国ネクソンのアニメーションスタジオで3Dムービーを製作したもの。

 「マビノギ」は、カートゥーンレンダリングと呼ばれるアニメのような手法で描かれたグラフィックで、ケルト神話をモチーフにした世界を描いたMMORPGで、アルバイトや作曲、裁縫など、ゲーム世界で日常生活を過ごすような感覚でプレイすることができるというもの。

 このCMは、プレーヤーを導く神秘的な女性「ナオ」のキャラクター性を表現しながら、ゲーム世界の「案内人」として「マビノギ」の世界観を伝えていくような内容。映像には、人気声優の田中理恵さんが歌う「マビノギ」オリジナルソング「Eternal」も挿入される。

 それに伴い、現在「マビノギ」の公式サイトでは紹介特設ページも公開されている。こちらでは、制作裏話や、オリジナルソング制作者へのインタビューなどが掲載されている。CM開始以降は、完成CMも公開される予定だ。

wk_0601122ma02.jpgwk_0601122ma03.jpg

 挿入歌を担当する田中理恵さんと、アレンジャーを務めた伊藤賢治さんからコメントが届いた。

wk_0601122ma04.jpg

―― 原曲を聴いた第一印象は?

田中理恵さん(以降、田中) 第一印象は、アジアの音楽だなと感じました。特に「千の風と千の花と…」のサビの曲調部分は、とても韓国のイメージ。

伊藤賢治さん(以降、伊藤) 僕は逆にもっとオリエンタルな曲調を想像していたが、思ったよりもJポップに近かった。とはいえ、原曲を歌メロにするには多少苦労しました。

―― この曲をアレンジしたときに心がけたことなどありますか?

伊藤 すでに原曲ができあがっていたのであまり崩さないように心がけました。歌用にキーを下げましたが、原曲のイメージを崩さないように、クライアントに喜んでもらえるように(笑)。もちろん原曲を聴き慣れているユーザーのためにも。イントロ部分も他の曲から引用しているんですよ。

―― 実は、以前ユーザーアンケートを行ったとき「ナオのイメージに合う有名人は?」という質問の1位が田中さんでした。ナオファンに何か一言!

田中 ゲーム内で声を入れるときはぜひ呼んでください!(笑) 最近「ツンデレ」キャラが多いので……。ナオのような可愛くて、癒し系、回復系のキャラをやりたいです。

wk_0601122ma05.jpg

―― 最後に、この曲を聴く人にメッセジーをお願いします。

田中 ぜひ目をつぶって聴いてください。特に「千の風と千の花と…」の部分を何回も繰りかえし聴いてください。

伊藤 原曲を踏襲しつつ、自分のオリジナル要素、田中さんの声、すべてを意識して作曲しましたので、ぜひその辺りも意識して聴いていただけるとありがたいです。



[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping