トップ10
2006年11月29日 20時07分 更新

Wiiが今週いよいよ発売

今週末の12月2日、ついに任天堂のWiiが日本で発売される。40万台と言われる初回出荷台数はきっとあっという間に売り切ってしまうことでしょう。皆さんはどうやって手に入れますか?

 今週末の12月2日、次世代・新世代家庭用ゲーム機の大トリを務める、任天堂のWiiがいよいよ発売される。名古屋、大阪、東京と「Nintendo World 2006 Wii体験会」を催し、テレビCMをはじめ大々的に告知を行ったかいもあってか、評判は上々の様子。なによりもそのゲームの新しい操作感とコンセプトが受け入れられている。各量販店や小売店での予約受付もあっという間に終了するほどの人気ぶりだ。

 ちなみに「Nintendo World 2006 Wii体験会」は、名古屋会場で約1万2000人、大阪会場では約1万8000人、そして2日間に渡って幕張メッセで開催された東京会場では約1万3000人、約1万4000人と、計約5万7000人の動員を記録している。

 16ものさまざまなジャンルを取りそろえた、ローンチタイトルの充実ぶりもその人気を後押ししている。やはり一番人気は、北米同様「ゼルダの伝説」となるのが濃厚だが、家族や友人と遊べる「Wii Sports」や「はじめてのWii」なども注目されている。

 日本での発売に先駆け、北米では11月19日にWiiが発売されているのだが、すでに8日間で60万台を販売し、1秒に1台売れる勢いで出荷台数を伸ばしている。日本では40万台の初日出荷台数とアナウンスされており、年末までには100万台を出荷できるよう量産体制も整えているとのこと。それでも40万台は初日で完売という推測が出ている。予約で確保した方は関係ないことだが、並んで獲得を目指すユーザーにとっては、プレイステーション 3の発売時と同様にまったく油断できない状況のようだ。

 さて、皆さんはWiiを購入するのだろうか? すでに予約をしくじっている筆者は、当日並ぼうかと画策しているわけだが、興味があってアンケートを取ってみると……。現状、「予約している」人が多く、「並んで買う」という人が10%ほどに留まっている。とはいえ「そのうち買う」という待機組が30%もおり、これらの浮動票が気分次第で当日獲得に参戦してくるやもしれないと……悩ましい限りである。

 大型量販店以外でも街の小売店などにもくまなく卸されているらしく、運がよければ近所のおもちゃ屋さんなどの店頭に、なにげに並んでいるWiiを見かけることもできるかもしれないが、そんな運を天に任せてもいいものやらとやはり悩みは尽きない。どこに行ったら確実に手に入れられるのか、どうしたら楽に獲得できるのかと検討されている方もいると思う。

 12月2日の天気は、関東地方では「晴れ」だが、気温は朝方に1ケタ台まで冷え込む予報が出ている。徹夜を覚悟で並ぼうとしている皆様は、ゆめゆめ防寒対策を怠ることのないように。

[加藤亘,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping