ニュース
2006年12月05日 20時40分 更新

鐘の音とともに時を駆ける魔法少女の魔法学校での生活――「グリムグリモア」 (1/2)

閉じられた時間の環を行ったり来たり。ストーリー重視の魔法学校を舞台にしたファンタジー系のドラマティックゲームが日本一ソフトから発売される。本作は同時期に出る同社タイトルとのコラボレーションも果たしているというが……?
wk_0601205gm01.jpg

 「グリムグリモア」は、「プリンセスクラウン」などを開発したヴァニラウェアが手がける、魔法学校を舞台としたファンタジー系ドラマチックゲームである。謎が謎を呼び目が離せない展開で進行するストーリーと世界観が、もっとも特筆すべきセールスポイントと謳っている。主人公の少女リレと、魔法学校の教師や生徒たちの関係が、ゲームを進めていくにつれて紐解かれていくという内容になっている。

召喚魔法の学校を舞台とした謎に満ちたファンタジーストーリー

wk_0601205gm02.jpg

 主人公のリレ・ブランは、その魔法の才能を認められ魔法学校「銀の星体の塔」に招かれる。魔法学校の校長は、かつて魔王をも倒した偉大な魔法使いガンメル・ドラスク。そして学び舎である「銀の星体の塔」こそ、滅ぼされた魔王の居城であった。

 リレは先生や他の学生との交流を経て、これから魔法使いになるため、修学に励んでいた。リレが初めてグリモア(魔道書)に触れたその5日後――。塔を襲った災厄に見舞われ、リレを除いた全員が命を失ってしまう。

 残されたリレは、不可思議な現象によって時間を遡り、魔法学校の入学初日に目覚める。のでした。5日後の日付が変わる鐘の音とともに、1日目に逆戻りすることを繰り返すようになってしまったリレ。

 なぜリレがこの時間の環に囚われてしまったのか……? 塔に起こる災厄を回避することはできるのか……?

 繰り返される5日間に、リレは徐々に事件の真相へと近づいていく。この時間の檻からリレは無事逃れることができるのだろうか? そして隠された真実とは果たして……。


wk_0601205gm03.jpg

 この世界の魔法使いは、グリモア(魔道書)に描かれた魔法円を駆使し、様々な力を使役する。賢者の石を造りだした3人の魔法使い(うち1人は石の私物化を企み王国を裏切った)が有名である。最近でこそ、王国内で魔法使いの地位は高まりつつあるが、恐れられ疎んじられる存在であることに変わりはない。いまだに、魔女の弾圧などが色濃く残る地方もあるという。

 ちなみに、物語の要ともなる「賢者の石」についても言及しておこう。別名願い叶いの石とも呼ばれ、魔法使いたちの夢であったその結晶は、王国に依頼されたガンメル、ルジェ、カルヴァドスの3人の魔法使いの手によって完成されたといわれている。しかし、その膨大な力に魅入られたカルヴァドスは王国に叛き、古の悪魔との契約によって石を独占するに至った。野望はからくもガンメルとルジェによって阻まれ、魔王を討伐した2人は、その名を世界に轟かす。しかし、肝心の賢者の石は以後行方知れずとなったという。噂では魔王カルヴァドスがどこかに隠し復活を目論んでいるというが……。

登場キャラクター

wk_0601205gm04.jpg リレ・ブラウ(LILLET BLAW)
魔法の才能を見出され、「銀の星体の塔」に招かれた真面目で努力家の少女。貧しい家で帰りを待つ弟たちのためにも立派な魔法使いになりたいと願っている。思いもかけぬ苦難に巻き込まれ、自分でも知らなかった大胆な行動力と冷静な判断で謎に立ち向かう
wk_0601205gm05.jpg バティド・バランタイン(BATIDO BALLANTINE)
錬金術を専攻する魔法学校の先輩。粗野でそっけない態度の裏にはある秘密が。魔法より喧嘩が得意だといいつつ、キメラやゴーレムを駆使する攻撃は強力

wk_0601205gm06.jpg ガンメル・ドラスク(GAMMEL DRASK)
魔法学校の校長。かつて魔王を倒し、さらに魔王と契約した悪魔を封印した半ば伝説的な魔法使いでもある。魔王の居城であった「銀の星体の塔」に、魔法学校をつくり各地から有望な若者を招いて、魔術の後継者を育てている。たまに生徒が行方不明になるような危険な場所だが、この学校に入学し、ガンメル校長に師事することは国中の魔法使いの憧れなのだ
wk_0601205gm07.jpg ルジェ ぺシェ(LUJEI PICHE)
「賢者の石」と呼ばれる強力な魔法石を造りだした3人の魔法使いのうちの1人。驕慢で気まぐれな性格と強大な魔力を恐れた王国の命令で、最愛の弟子に裏切られ謀殺された。「賢者の石」への未練か、現世への執着か、以後さまよう亡霊となり、取り殺した弟子を封じた杖を手に、出くわす人々を恐怖に陥れている

ルジェ ぺシェが「ソウルクレイドル」にも登場

wk_0601205gm08.jpg 「SOUL CRADLE」版のルジェ

 本作には、日本一ソフトウェアが2007年1月25日に発売予定の「SOUL CRADLE 世界を喰らう者」と同一のキャラクターが登場する。彼女の名前は「ルジェ」。「死してなお世界を翻弄する偉大な魔女」という設定で、次元を超えての登場となる。双方の世界観を崩さず、ゲームの垣根を越えたコラボレーションをしようという試みである。

  • 対応機種:プレイステーション 2
  • ジャンル:シミュレーション
  • 発売予定日:2007年1月25日
  • 価格:通常版7140円、初回版9240円

       1|2 次のページへ

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping