ニュース
2006年12月14日 15時03分 更新

テニスとファンタジーが融合?!――「ファンタテニス」オープンβテスト開始 (1/2)

ソリッドネットワークスがサービスするオンラインアクションスポーツゲーム「ファンタテニス」。このオープンβテストが、本日午後3時から開始される。プレス向けの説明会が開催されたので、改めてどのようなゲームなのかご紹介しよう。

ファンタジーとテニスがコラボレーション

 「ファンタテニス」はファンタジーの世界観とテニスがコラボレーションしたゲーム。見習い魔法使いである「ルンルン」が間違えて人間界の男の子「ニキ」を召喚してしまう。どうにかして元の世界に戻そうとするのだが、かなわない。ファンタテニスで優勝すると、神様が何でも願いをかなえてくれると聞き、テニス勝負に挑む、というのがバックストーリーだ。

 「ファンタテニス」には独特の個性を持った7つの大陸(マップ)があり、そのマップごとにクエストも用意されている。通常のテニスプレイで戦う「ベーシックモード」に加えて、さまざまなスキルや魔法を使って攻撃しながらテニスで戦う「バトルモード」が用意されている。バトルモードでは、相手にダメージを与えて体力(HP)を減らし、それが0になったら負け、となる。HPは攻撃のほか、テニスで得点を取られても減るようになっている。

画像画像 左画面にあるクリスタルのようなものがアイテム。ゲットすれば試合中だけに使えるアイテムとなる

 試合を重ねることでレベルが上がり、キャラクターは成長していく。シングルとダブルスや、勝ち方、負け方によっても、もちろん得られる経験値は異なる。ステータスは自由に振り分けられるので、自分なりのキャラクターを育成していくことができるようになっている。

 なおバトルモードでは、ラケットにより使えるスキルショットが異なるが、これはキャラクターによっても変化するとのこと。またラケット以外にも、剣や銃などの武器を利用したプレーも可能だ。スペシャルショットを打つときには、召喚獣も登場する。このほか、ダブルスでチームを組んで戦うときには、回復アイテムを使いながらプレイするのも重要だろう。

 各大陸に用意されているクエストは、新しい大陸に移動する時に通らなければならない「ガーディアンバトル」のほか、ミニゲーム形式のクエストもある。

ペットシステムやハウジングシステムも

 2007年1月の実装予定となっているが、自分だけの個性あるペット「バトルモン」を育成する「ペットシステム」も用意されている。ペット自体もレベルアップしてスペシャルスキルを覚えるほか、必殺技も変化。ピンチに追われているプレーヤーを支援する。

画像画像画像

画像 家のイメージイラスト。ポストのようなものが用意されているが、ここは、友達がたずねてきたら何かを知らせてくれるといった機能を持つ予定だとか

 「ハウジングシステム」は、自分だけの部屋を持てるシステム。家具や壁紙、庭園など、家の内部と外部の装飾を自分なりにカスタマイズ可能。バトルモンの育成や管理、クエストで得たアイテムを合成してバトルモン育成アイテムや、ハウジングアイテムを作成できるようになる予定だ。友達を呼んできてチャットをしたりといった(最大16名)、コミュニティ機能も用意される。

       1|2 次のページへ

[今藤弘一,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping