ニュース
2006年12月18日 19時13分 更新

そして装備品やポッケポイントも大事――「モンスターハンターポータブル 2nd」

カプコンが2007年2月22日に発売を予定しているPSP用ソフト「モンスターハンターポータブル 2nd」。今回は装備品やスロット、そしてポッケポイントを紹介。新しい狩場についても触れる。

 日本ゲーム大賞2006のフューチャー賞を受賞した「モンスターハンターポータブル 2nd」の第2報は、武器や防具のスロットについてと、ポッケ村を拡張するために必要なポッケポイントを紹介。そして、狩場の「街」と「森丘」についても言及。

「装備品」&「スロット」

 武器や防具には、「スロット」と呼ばれる穴が空いているものがある。ここに「装飾品」を自由にはめ込むことができる。「装飾品」には「採取+2」などのスキルポイントが設定されており、効果的に使えば有効なスキルをより多く発動させることができる。

 装飾品の生産は武具屋で行うのだが、これらに必要な素材や資金は安価に設定されている。スロットへの取り付けも武具屋で行う。装飾品の種類によっては、スロットが複数必要なものもあり、またそれらは自由に取り外し可能だ。武具を新しく入手したのなら、いろいろと試して性能を最大限に発揮させよう。

wk_0601218mhp01.jpgwk_0601218mhp02.jpgwk_0601218mhp03.jpg ちなみに武器にはスキルポイントが設定されていないが、スロットが空いてるものもある。スキル発動がもう一歩の場合、武器スロットも活用して試してみるのもいいだろう

ポッケポイント

wk_0601218mhp04.jpg ポッケポイント確認画面

 「ポッケポイント」とは、ポッケ農場の施設などを拡張したり、アイテムと交換するために必要なポイントのこと。ポッケポイントは通常クエストで精算アイテム(クエストクリア後、自動的に売却される特産キノコなど)をクエスト中に納品、または精算アイテムを所持したままクリアしたり、トレジャーハンターや訓練所のクエストをクリアすることでためることができる。クエスト中はいつでも納品ボックスに入れることもできる。

wk_0601218mhp05.jpgwk_0601218mhp06.jpg ポッケポイントを使ってポッケ農場の各施設が成長。拡張することができれば、より多くの素材を手に入れることができるというわけだ

wk_0601218mhp10.jpgwk_0601218mhp11.jpgwk_0601218mhp12.jpg 訓練所では教官が決めた武器や防具を使って様々な演習のクリアを目指す。左から訓練所教官、ポッケ村村長、農場管理人

狩場

 今回新しく登場する「街」フィールドと、前作で登場した狩場「森丘」を紹介する。「街」は、ドンドルマの街にモンスターが襲撃した時のフィールドとなる。危機が迫った際には、救援要請が周辺地域のギルドにも召集がかかる。近隣のポッケ村もその中のひとつだ。街にはモンスターの襲撃にそなえて迎撃設備「バリスタ」や大砲が設置されている。また、青空広がる丘陵地帯「森丘」は、前作「MHP」で狩りの拠点となっていた懐かしい場所。空の王者“リオレウス”との再戦が待っている。

wk_0601218mhp07.jpg バリスタ
wk_0601218mhp08.jpg 巨大な門
wk_0601218mhp09.jpg リオレウスと戦闘

wk_0601218mhp13.jpg 空の王者“リオレウス”
モンスターハンターポータブル 2nd
対応機種PSP
メーカーカプコン
ジャンルハンティングアクション
発売予定日2007年2月22日
価格5229円(税込)
(C)CAPCOM CO.,LTD. 2007 ALL RIGHTS RESERVED.


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping