ニュース
2006年12月19日 18時47分 更新

人気アイドルとゴルフデートができる――「ゴルトモ」新サービスプレス発表会 (1/2)

デジタルゴルフはソーシャル・ネットワーク・ゲーム「ゴルトモ」にて新サービス「バーチャル☆ゴルフデート」の提供を開始すると、人気アイドルの磯山さやかさんと福下恵美さんを招き、プレス発表会を開いた。

「ゴルトモ」についてと「バーチャル☆ゴルフデート」について

wk_0601219golf01.jpg

 12月19日、東京・銀座のSalon de Gにおいて、デジタルゴルフのソーシャル・ネットワーク・ゲーム「ゴルトモ」の新サービスとして「バーチャル☆ゴルフデート」の提供を開始するとプレス発表会を開いた。発表会には、デジタルゴルフ代表取締役社長兼CEOの横山俊朗氏をはじめ、同取締役兼CTOの吉川泰生氏が登壇。また、ゲーム中ゴルフデートができる人気アイドルの磯山さやかさんと福下恵美さんによるトークショウが行われた。

 「ゴルトモ」は、SNS「GameRecre」(ゲームリクレ)で提供されている大人のためのオンライン・ゴルフゲームで、ブログやSNS機能を搭載し、これまでにないオンラインコミュニケーションを体験できると謳い文句に2006年8月サービスを開始。データマッチング方式の対戦を採用し、すでに他のプレーヤーがプレイしたデータと競うため、「チャット」や「待ち合わせ」、「特有のマナー」などを極力排除し、ゲームプレイや中断が自分のペースで気軽に行えるようになっている。

 だからといって本作はコミュニケーションを軽視しているわけではない。SNSと連携させることでゲーム結果やスーパープレイの画像が自分専用のブログへ自動的に反映される機能を持っている。対戦相手のブログへも自動でリンクされるため、ゲームとブログを通じたコミュニケーションを楽しむことができるというわけだ。ゲームとブログが融合したオンラインゴルフゲームが「ゴルトモ」といえる。

wk_0601219golf30.jpgwk_0601219golf31.jpg 今回発表された「バーチャル☆ゴルフデート」では磯山さやかさんと福下恵美さんとデート気分でゴルフが楽しめる

wk_0601219golf02.jpg デジタルゴルフ代表取締役社長兼CEOの横山俊朗氏は、今回2人のアイドル起用について、ホリエージャンシーの社長とゴルフをしているときにとんとん拍子で今回の話が決まっていったと裏話を明かす

 「遙かなるオーガスタ」を開発していたティーアンドイー・ソフトの開発チームが独立し設立したディープを母体に、「バーチャルゴルフガイド」や「スーパーリアルゴルフ」などの開発を行っていたチームが、オンラインゲームを開発する目的で新たに取り組んだのが本作と横山氏は説明する。「『バーチャルゴルフガイド』は国内130コースがすでに収録され、今後は180コースにまで拡張する予定です。できるだけ多くのコースを3D化して、ゴルフに行く前にシミュレーションするものとして作りましたが、『ゴルトモ』はゲームをする人向けに開発したものです。特徴としては大人向けということで、事実登録会員者の年齢層も高くなっています。『伊藤園レディーストーナメント』や『ダンロップフェニックストーナメント』など実在のトーナメントとコラボレーションすることで、会員数も伸ばしていますし、今後もゴルファーとゲーマー両者に楽しんでもらえるものを目指している」と挨拶した。

wk_0601219golf03.jpg 今後タレントが増えるかについて聞かれた取締役兼CTOの吉川泰生氏は、タレントだけでなく有名なゴルファーとの対戦なども考えており、実際に今後取り組んでいきたいと意欲を見せる

 続いて本作内容について本作プロデューサーでもある吉川氏が登壇。8月1日に基本無料でスタートした「ゲームリクレ」と「ゴルトモ」が、大人のためのオンライン・エンタテインメントを目指してスタートして以来、12月1日からは月額980円(税込)のゴールドプランや、来春予定の月額300円(税込)のシルバープランなどのプレミアムサービスの開始と順調にスケジュールを消化していることに言及。今回発表となった「ゴルトモ」新サービス「バーチャル☆ゴルフデート」もその一環と、順調に会員数の増加をアピールした。

 横山氏も触れたが、実在のトーナメントとのコラボ企画などによって増えた会員数は、12月末で7万5000人に到達していると語る。これだけだとそれほどの会員数は獲得していないと思われるかもしれないが、その内訳を見ると圧倒的に高年齢の方々が占めていることがわかる。10代は全体のわずか3%に過ぎず、逆に普通のオンラインゲームでは少なくなる40代以降が多いのが特徴だ。しかも4分の1は女性と、単純にゴルファーやゲーマーという層以外の集客力も期待できるとしている。

 吉川氏は、本作の主な特長を「マウスひとつで楽しめる簡単操作のゴルフゲーム」であり、SNS「ゲームリクレ」のブログ機能・フレンド機能と連携したソーシャル・ネットワーク・ゲームであることを挙げる。特にプレイデータ・マッチング方式の採用で、好きな時間、好きな場所、好きな相手とプレイできることが最大の特長と説明する。忙しい大人にとっては当然の選択だったという。また、豊富なゲームモードについても解説し、今回の「バーチャル☆ゴルフデート」がフレンド対戦を利用して行われることを明らかにした。

wk_0601219golf04.jpg 対比を見ても明らかだが、いわゆる一般のオンラインゲームとは明らかにユーザー年齢層が異なるのが分かる
wk_0601219golf05.jpg 実在のトーナメントとのコラボでは「伊藤園レディース」であれば「お〜いお茶」のTシャツなどをアバターへと提供するサービスを行った
wk_0601219golf06.jpg 本作の「バーチャル☆ゴルフデート」はフレンド対戦を利用して行われる。なお、コンペはゴールドプランでのみ利用化

 新サービスのキーワードを“恋するゴルフ”と掲げると吉川氏。「バーチャル☆ゴルフデート」で人気アイドルをひとりじめし、2人っきりのゴルフデートを楽しめるというテーマで開発されている。撮り下ろし画像によるブレークタイムやフルボイスのラウンドトークで、誰にも見せない素顔やアイドルに触れられるという新サービスには磯山さやかさんと福下恵美さんが登場する。

 サービス開始日時は12月19日(火)19時にスタート。料金はStyleStoreでドリームチケット300円(税込)を購入すると1枚で1ラウンド(18ホール)遊ぶことができる。毎月中旬頃には新規デートコース(プレイデータ)を追加される予定で、コスチュームやアイドル2人の腕前も少しずつ上達していくとのこと。

 なお、本作でのアイドルたちの腕前は実際彼女たちがプレイしたデータが反映されることもあるが、開発側が用意したものも混ざっていくという。

       1|2 次のページへ

[加藤亘,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping