ニュース
2007年01月09日 18時00分 更新

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 連合VS. Z.A.F.T.II

「Premium DogfightII BANPRESTO CUP」を開催――PSP版の発表も (1/2)

1月6日、東京・有明にあるディファ有明にて、アーケード版「機動戦士ガンダムSEED DESTINY 連合VS. Z.A.F.T.II」の大会「Premium DogfightII BANPRESTO CUP」を開催。PSP版「機動戦士ガンダムSEED 連合VS. Z.A.F.T.」も同時に発表された。

 あいにくの空模様となった土曜日だが、場内は多数の来場者で埋め尽くされた「Premium DogfightII BANPRESTO CUP」。全国6500のチームが各地区の予選大会を戦い抜き、そこで勝ち抜いてきた128チームにより、A〜Hまでのブロックに分かれて、まずは予選トーナメントが開催された。

 この大会は、1チーム2名1組で戦い、チームタイチームでの勝ち抜きトーナメントで開催。予選は1ゲームの勝敗で決定される。ただしタイムアップになった場合は引き分けとなり、最大3戦まで戦うことができる。そこまで戦って勝敗が付かない場合はじゃんけんでの決着だ。もちろん予選とはいえども、そこは各地区の代表が集う戦い。お互いが譲らずにタイムアップとなる場面や、終了5カウント前で勝敗が決するなど白熱した試合が繰り広げられた。

画像画像 予選トーナメントの様子。会場に設けられた32台の筐体を使用して対戦が行われた。すごい戦いを繰り広げるチームの周りにはギャラリーも

 最終的にベスト8として残ったチームにより決勝戦を開催。いずれも譲らぬ小差での試合を繰り広げたが、東京都・タイトードリーム町田店代表のチーム「だるびっしゅ」(ファイトネーム・セージさん、牧島さん)が優勝。準優勝は茨城県・プラサカプコン水戸店水戸店代表のチーム「カフラン・ザラ」(ファイトネーム・カフさん、たでぃさん)が準優勝となった。

画像画像

画像画像 大会で登場したモビルスーツはさまざま。ただし空中戦と地上での強力なビームによる攻撃と、役割分担がはっきりしている「プロヴィデンス」と「ラゴゥ」を操るチームが有利なようで、決勝戦はくしくもこの2体同士の戦いとなった

画像 ミーア・キャンベルのコスプレで登場した田中理恵さん(中央)

 なお、大会にはラクス・クライン&ミーア・キャンベル役の田中理恵さんも登場。決勝戦前に行われたアトラクションイベントでは、「Quiet Night C.E.73」と「水の証」を歌うミニライブも行われた。田中さんは待ち時間の間も控え室で対戦の様子を見ていたそうだが「アフレコでも戦闘シーンを見ていますが、ゲーム画面を見ると実際にはこのように戦っているのかと思いますね」とコメント。プレイステーション 2版の「機動戦士ガンダムSEED DESTINY 連合VS. Z.A.F.T.」を持っていて、プレイしているそうだ。

       1|2 次のページへ

[今藤弘一,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping