ニュース
2007年01月23日 14時50分 更新

「TOYフォーラム2007」:

KONAMIからDSと連携する「マジックリーダーシステム」が登場――第1弾は2007年夏に発売

ニンテンドーDSに装着してカードをリードできる「マジックリーダーシステム」。第1弾の製品としてカードゲーム「獣神伝 〜アルティメットビーストバトラーズ〜」が、2007年夏に発売される。

カードのどの部分をかざしても読めるスキャナ――「マジックリーダーシステム」

 東京国際フォーラムで開催されている、玩具メーカー業界関係者向けの新春商談会「TOYフォーラム2007」の会場で、KONAMIからニンテンドーDSと連携する「マジックリーダーシステム」が発表された。

 マジックリーダーシステムは、約2ミリ程度のスキャナにカードをかざすだけでその情報を読み取ってくれるシステム。情報はカード上の印刷パターンに織り込まれているので、どこをかざしても読み取れるのが特徴だ。

 第1弾の製品としては、「獣神伝 〜アルティメットビーストバトラーズ〜」(以下、獣神伝)が2007年夏に発売される予定となっている。このゲームはモンスターを召喚させ、それに攻撃力増加や防御力増加といった「ベースカード」を加えたら、ジャンケンのカードによりプレイするというもの。40枚のデッキとニンテンドーDSソフト、マジックリーダーシステムに加えて、ルールブックとプレイフィールドが同梱される。

 「獣神伝」がこれまでのカードゲームと異なるのは、ニンテンドーDSソフトがゲームを進行してくれるため、細かいルールを覚える必要もなく、手軽にプレイできること。どのカードをどの順番で読ませるのか、ダメージはどちらがどのように与えたのかなどは、すべてソフト上で処理してくれる。また、友達がいない場合でも1人でプレイすることも可能だ。戦うと経験値が入り、主人公プレーヤーがパワーアップするほか、カードだけでは使えない必殺技も用意されている。ソフトには実況ナレーションが付き、戦況にあわせてBGMも変化する。

画像 マジックリーダーシステム第1弾「獣神伝 〜アルティメットビーストバトラーズ〜」
画像 40枚のデッキを同梱。今後は5枚セットのブースターパックも発売される予定。もちろんレアカードもある
画像 このようにカードをかざして読ませる。場所はどこでもOK

「武装神姫」にオンラインバトルが登場

 フィギュアとオンラインサービスを融合させた「武装神姫」も展示されていた。すでに製品は発売されているが、「バトルサービス」が2007年春からサービスの開始を予定しているとのこと。これは、PC上で作り上げた自分のフィギュアが、ほかの人のフィギュアとバトルするというもの。細かい指示は出せずにオートでのバトルとなるそうだが、コミュニケーションの場としてさらに活用してもらえるものと、同社は期待しているようだ。

画像画像

 このほか、Xbox 360ソフト「ブルードラゴン」のカードゲーム「BLUE DRAGON ロールプレイングカードゲーム」が4月21日から発売されることなども発表されていた。

[今藤弘一,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping