ニュース
2007年01月24日 17時06分 更新

Wi-Fiでの対戦も――「Wi-Fi対応 森田将棋DS」

ハドソンから、森田将棋のニンテンドーDS版「Wi-Fi対応 森田将棋DS」が2月8日に発売される。1人でも仲間と一緒でも楽しめる将棋ソフトだ。
画像

 「Wi-Fi対応 森田将棋DS」は、ニンテンドーDSの2画面を生かし、上画面には棋譜や時間、下画面には将棋盤を配置。タッチペンで画面上のコマをタッチし、運びたいマスに移動して操作するので、実際にコマを動かしているような感覚を味わいながら、手軽に対局を楽しめるようになっている。

 本作は3種類のゲームモードを搭載する。「練習モード」は、将棋のルールは分かるけれど、あまり自信がないという人におすすめ。ミスをしても一手前に戻れる「待った」機能が付いているため、ミスを恐れずコンピュータとの対戦が楽しめる。また、相手を6段階のレベルから選べたり、手合いや時間によるハンデもつけられるので、初心者でも安心だ。

 「チャレンジモード」は「練習モード」では物足りなくなった人にお勧めのモード。「練習モード」と同様、6段階のレベルと8つの手合いから構成されているが、「待った」機能はなく、森田思考を搭載したコンピュータとの真剣勝負ができる。

 「対戦モード」は、Wi-Fi、ワイヤレス、ダウンロードから対戦方法を選択して、対人戦が可能となっている、自分に適した環境でいつでもどこでも対局を楽しめるモード。自分の好きなレベルの相手を選んで、いつでもどこでも全国のプレーヤーと対戦できる。フレンドコード登録をしておけば、遠く離れた友達と自宅で対戦することも可能。また2人ともゲーム機とソフトを持っている場合は、気軽にDSワイヤレス通信による対戦が楽しめる。さらにダウンロード対戦では、ソフトが1本しかなくても、相手のゲーム機に対局面をダウンロードして対戦できる仕様となっている。このほか、対戦相手とボイスチャットをしながら対局を楽しめるボイスチャット機能も搭載している。

画像画像画像

 なお、「チャレンジモード」やワイヤレス対戦、Wi-Fi対戦で対局すると、勝率に応じてレーティングポイントが変動する。レーティングポイントの全国ランキングが見られるため、ゲーム内での自分の実力を把握し、全国のライバルたちと競う楽しみも。

 またゲーム内で自分の顔を好きなように設定できるアバター機能も搭載。輪郭や目、鼻などのパーツを選び、お好みのキャラクターを作ることができる。アバターは対戦相手の画面に表示されるので、遠く離れた相手でも身近に感じることができます。しかも勝つごとにアバターパーツが増えていくようになっている。

画像画像 ボイスチャット機能
画像 ランキング

Wi-Fi対応 森田将棋DS
発売日 2月8日
価格(税込) 3990円
ジャンル 将棋
CERO A(全年齢)
(C)2007 HUDSON SOFT (C) 2007 Yuki Enterprise
※ゲーム画面は開発中のものです。


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping