ニュース
2007年01月24日 17時19分 更新

SCEIとバンダイナムコゲームスが合弁会社を設立

 ソニー・コンピュータエンタテインメントとバンダイナムコゲームスは、Cell Broadband Engineを活用した新しいエンタテインメントコンテンツの創造を目的とした合弁会社「セリウス」を2007年3月6日に設立することで合意したと発表した。

 リリースによると同社では、バンダイナムコゲームスとソニー・コンピュータエンタテインメントが有する開発技術や柔軟な発想を融合し、インタラクティブで“驚き”のあるエンターテインメントを創出すべく、コンテンツビジネスを展開してていく、としている。

 なお、セリウスの代表取締役社長には、「リッジレーサーズ」、「MotoGP」などのプロデューサーを務めたバンダイナムコゲームスの中村勲氏、非常勤の取締役にはバンダイナムコゲームス代表取締役副社長の鵜之澤伸氏と、ソニー・コンピュータエンタテインメント代表取締役会長兼グループCEOの久夛良木健氏、ソニー・コンピュータエンタテインメント代表取締役副会長の佐藤明氏が就任する。資本金は1億円で、出資比率はバンダイナムコゲームスが51%、ソニー・コンピュータエンタテインメントが49%。

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping