ニュース
2007年01月26日 19時36分 更新

AQインタラクティブがJASDAQ上場へ

「ブルードラゴン」のアートゥーンなどを傘下に持つAQインタラクティブがJASDAQに上場する。

 ジャスダック証券取引所は1月26日、ゲームソフトメーカー、AQインタラクティブの上場を承認した。上場予定日は2月28日。証券コードは「3838」。

 2000年3月1日設立。傘下に「ブルードラゴン」を開発したアートゥーン、「ドラゴンクエスト 少年ヤンガスと不思議のダンジョン」のキャビア、坂口博信氏の新作「ロストオデッセイ」を制作しているフィールプラスを持つ。元セガ・エンタープライゼス(現セガ)社長の中山隼雄氏が35.73%を出資する筆頭株主で、坂口博信氏も5.38%を保有している。

 2007年3月期の連結業績予想は、売上高が46億5600万円、経常利益が5億1200万円、純利益が3億1300万円。

 上場に伴い6500株の公募増資と1500株の売り出しを行う。公開価格決定は2月19日。主幹事はみずほ証券。想定発行価格12万6000円をベースとした手取り概算額7億5000万円は、自社販売ソフト開発のための運転資金に充てるとしている。

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping