ニュース
2007年01月31日 16時30分 更新

NPCに正しい日本語を――「デコオンライン」で日本語学校を開設

 ロックワークスが運営するMMORPG「デコオンライン」にて、「クライス大陸」にいるNPCの日本語を校正することを目的としたクライス日本語学校を、無期限で開校することを緊急決定した。

 この日本語学校では、日本語ができていないとユーザーが感じたNPCを強制的に入校させることが可能。“美しい国”となるようNPC1人1人の広範な議論、積極的な取り組みが促進されることを期待しているそうだ。

 クライス大陸のNPCは、センテンスがおかしい、文法が間違っている、動作と行動が一致しない、キャラとして独り立ちしていないといったさまざまな問題を抱えている。この開校を機に、こうしたNPCの言葉と性格を修正してみてはいかがだろうか。第1期生候補は以下の5人だ。

  • ラルク=シェアト<ガイア渓谷、座標 X=197、Z=125>
  • レイン プロミナス<レイン市街地、座標 X=223、Z=332 X=200、Z=335>
  • フローラ=アラミス<ミレナ市街地、座標 X=321、Z=210><ハク村、座標 X=137、Z=79>
  • スロス<ミレナ市街地、X=262、Z=163>
  • 守備隊長バート<トゥイニブルの森、座標 X=61、Z=361>

 なお、この中で一番日本語が乱れているNPCは誰かを決めるアンケートも、2月3日〜2月10日の期間で開催される。第1期生の修正期間は2月15日〜3月15日。

画像
Copyright (C) 2006 Rocksoft Co., Ltd.,(C)Copyright RoC Works Co.,Ltd. All rights reserved. / Published by RoC Works Co.,Ltd.


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping