ニュース
2007年02月20日 16時53分 更新

製品版ダウンロード販売に先駆け第1話無料配信――「セツの火」

「ワイルドアームズ」シリーズを手がけたメディア・ビジョン エンタテインメント初のパブリシャーオリジナル作品「セツの火」の今春、全7話でダウンロード販売される。その製品版発売に先駆け、第1話が無料先行配信される。
wk_070220se01.jpg

 プレイステーション 2用ソフト「ワイルドアームズ」(ワイルドアームズ)シリーズの企画・開発を手掛けるメディア・ビジョン エンタテインメント初のパブリシャーオリジナル作品「セツの火」の今春、全7話でダウンロード販売される。その製品版発売に先駆け、明日2月21日(水)に約5時間にも及ぶ第1話を完全収録した無料体験版を先行配信する。

 「『セツの火』が目指すのは、高いクオリティの物語をユーザーに快適に楽しんでもらうこと」とメディア・ビジョン エンタテインメントの担当者はコメントするとおり、ゲームというよりは読み物をメインとしたストーリーを楽しむようになっており、選択肢などは特にない。とはいえ、ふんだんと収録されているアニメとボイスが物語を盛り上げてくれる。「鬼」を題材とし、猟奇・怪奇的ストーリーが展開されるデジタライズドラマでは、幼心に感じた“闇”への恐怖と異世界への興味が描かれる。全7話を予定しており、すべてを読むには30時間以上を要するとのこと。

wk_070220se02.jpgwk_070220se03.jpgwk_070220se04.jpg

wk_070220se05.jpgwk_070220se06.jpgwk_070220se07.jpg
「セツの火」
対応機種Windows2000/XP
メーカーメディア・ビジョン エンタテインメント
ジャンルデジタライズドラマ
発売予定日今春、ダウンロード販売(全7話)
価格3990円(税込)
対応ビデオボード、サウンドカード
(C)Media.Vision Entertainment


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping