ニュース
2007年02月23日 20時25分 更新

「大航海時代 Online 〜La Frontera〜」Chapter3「Spice Islands」、3月14日実装決定

 今年3月16日に、サービス開始2周年を迎えるコーエーのWindows用オンライン海洋冒険ロールプレイングゲーム「大航海時代Online〜La Frontera〜」。その大規模アップデートChapter3「Spice Islands」の実装が、3月14日に行われることが決定した。これに伴い、アップデート情報第2回として、同盟港属性の開拓地「テルナーテ」と「アンボイナ」、「マイスター制度」、「商会コンペティション」などの情報が公開された。

 また、コーエーでは2周年を記念した各種キャンペーンやイベントを企画している。詳細は後日発表の予定。

東南アジアに「香料諸島」登場(その2)

 以前にも紹介した「テルナーテ」と「アンボイナ」は、これまでの開拓地には無かった、投資の結果によっていずれかの国家と同盟関係を結ぶ“同盟港属性”の開拓地。そのため、西欧諸国はこの2つの街をめぐって争奪戦を繰り広げると思われる。以下に、今アップデートの主役とも言える香料諸島の2つの街を紹介しよう。

wk_070223dai01.jpg テルナーテ
モルッカ諸島北部に位置するテルナーテ島東海岸の港。島の中心都市であり、クローブの名産地としても知られていた。マレー人がこの地に移住し興したテルナーテ王国は、インドネシア東部の広い範囲を統治していた
wk_070223dai02.jpg アンボイナ
マルク諸島南部に位置するアンボン島、アンボン湾内の港。モルッカ諸島、バンダ諸島など香料の名産地の中間にあったため、香料貿易の重要な中継港として栄えた。交易所では香料諸島の名に違わぬ豊富な香料を目にすることができる

マイスター制度と子弟関係

 生産系スキルがランク15に達すると称号「マイスター」を名乗ることができ、これにより、街中でのアイテムの自動生産、生産時の消費行動力の減少や大成功確率上昇というメリットを得ることができる。さらに、マイスターの称号を名乗ると弟子を1名取ることができるようになり、航海者同士で師弟関係を結ぶことが可能となる。

 マイスターに弟子入りすると、マイスターの近くにいる時に自動生産が可能になる、スキルランクが+1される特典がつく。

wk_070223dai03.jpgwk_070223dai04.jpg

商会コンペティション始動

 商会同士が貢献度を基準に、街ごとのNo.1商会を目指して競い合うシステム。一般商会でもアイテム納品が実行可能となり、貢献度を蓄積することができるようになる。これに伴い、貢献度の上限が撤廃され、より貢献度の高い商会ほど商会一覧の上位にリアルタイムで表示される機能が追加される。

 さらに商会が拠点を置く街の商館に空きが出た場合、より貢献度の高い一般商会が、商館を購入する権利を獲得することができるようになる。

wk_070223dai05.jpgwk_070223dai06.jpg

モバイルのポイントプログラム「@ポイント」スタート

 携帯電話との連係機能「大航海時代Online@モバイル」上でポイントを獲得し、ゲーム内アイテムと交換できるサービス、「@ポイント」が開始される。これに伴い、@モバイルに新機能「@モバイルご利用感謝プレゼント」が実装される。これにより、「大航海時代Online@モバイル」上で獲得した熟練度に応じて@ポイントが貯まるようになる。貯まった@ポイントは、@モバイルの新機能“@モバイルご利用感謝プレゼント”一覧の中のゲーム内アイテムと交換可能。

※「大航海時代Online@モバイル」はオプション機能です。ご利用には月額300円(税抜)の料金が必要です。
※各種仕様詳細については、変更される場合があります。最新情報は公式サイトを参照のこと。
(C)2005-2007 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping