レビュー
2007年03月02日 15時07分 更新

「レイトン教授と不思議な町」レビュー:

「ナゾ解明!」のカタルシスは、寝るのも忘れるほどの快感に (1/5)

レベルファイブ初パブリッシングタイトル「レイトン教授と不思議な町」は、ナゾいっぱいの新感覚アドベンチャーゲーム。今回は、本作の雰囲気そのまま(?)に、推理小説風にレビューを進めてみる。

 レベルファイブ初のニンテンドーDS作品は、ナゾに溢れた新感覚アドベンチャーゲーム。不思議な町で巻き起こるミステリーは、まさにナゾだらけ。遺産分配のカギとなる「黄金の果実」を探すため、レイトン教授とルーク少年が招待されるところからゲームは始まる。プレーヤーは2人とともに、この町で起こる怪事件を解いて行く。本作は単なるアドベンチャーではなく、とにかく練り込まれた「ナゾ」がカギとなる。プレーヤーは次々と降り掛かる一風変わった「ナゾ」を解き明かして行き、この怪事件を無事解決へと導けるのだろうか? 今回はゲームの雰囲気に基づき、推理小説風にレビューを進めていこう。

「依頼」――解明を望む者からの、新たなる挑戦状

 2月某日――午後の柔らかな陽射しが差し込む中、わたしは自宅の書斎でアガサ・クリスティの傑作「そして誰もいなくなった」を読みふけっていた。10個あったインディアン人形が7個にまで減った所で、シオリを挟んだ本をサイドテーブルに置いて一息つく。

「ふぅ……。やはり何度読んでも、この作品の面白さは色あせないものだ……」

 サイドテーブルに置かれたカップを手に取り、まだ温かさの残るコーヒーで喉を潤す。ノスタルジックな感傷に浸っている時ほど、渋めのコーヒーが体に染み渡る。この緩やかに流れる時間ほど、人生の中で贅沢なものはない。だが、得てしてこういう時こそ、無粋な邪魔者が横槍を入れてくるのが、大半のパターンだ。そう、この時も例外ではなかった……。

「先生。何を格好つけてるんですか? はい、お届け物ですよ」

 そう言ってわたしに封筒を差し出すのは、助手であるミシカ君だ。助手と言うよりは、相棒とでも言った方がしっくり来るのかもしれないが。

「うん、ありがとう。誰からかね」

 わたしは荷物を受け取り、端的に質問をぶつけてみた。

「え〜と、『あいてーめであ』の編集者さんからですね。また、例の件じゃないですか?」

「あぁ、また仕事の依頼か。彼とは旧知の仲だからな。頼まれたら断れないものさ」

 肩をすくめ困ったふりをしながらも微笑みが出るあたり、わたしの心情も分かりやすいものだ。受け取った封筒をペーパーナイフで開き、早速中身を取り出してみる。

wk_070302lay01.jpg

「先生。これって……」

 封筒の中には一通の便箋と、ニンテンドーDS用のソフト「レイトン教授と不思議な町」が入っていた。早速便箋を開き、一気に目を通す。「ふっ」と息が漏れる。

「どうしたんですか? 鼻で笑ったりして」

 そう聞いてきたミシカ君に、わたしは無言で便箋を差し出す。その便箋を受け取り、一気に読み終えたミシカ君はわたしとは別の感情を抱いたようだ。

「これって、なんですか! 先生のことバカにし過ぎじゃないですか? 『このソフトは今までレビューしてきたアクションやRPGとは違い、本格的なナゾトキだよ。いくらユウタン教授とは言え、今回のレビューは厳しいかもね。ま、無理なら早めにギブアップすることをオススメするよ』なんて!」

「彼らしいじゃないか。そうやって書けば、僕が絶対に断らないってわかっているからだよ。確かに今までのレビューよりは、手応えがありそうだけどね。だからこそ、楽しみという意味で、笑みがこぼれてしまったのさ」

「ユウタン先生……」

 遅くなったが、ここでわたしの自己紹介をしておこう。わたしの名は「ユウタン」。シャーロック・ホームズ、エルキュール・ポアロ、明智小五郎などをこよなく愛する、生粋の推理小説好きだ。その推理好きが高じて、探偵のような何でも屋のような事を生業としている。最近は「あいてーめであ」の某編集者から依頼されるソフトを、解明(レビュー)するのが主な仕事と言えるだろうか。そして、わたしの助手をしているのがミシカ君だ。彼女、と言うよりはだいぶ男勝りな部分が強いが、頭の回転の良さはわたしにも引けを取らないだろう。

「さて、時間がもったいない。早速ナゾトキに向かうとするかな」

こうして、わたしの長く険しい"解明"(レビュー)への旅が始まった。

wk_070302lay02.jpgwk_070302lay03.jpgwk_070302lay04.jpg 本作品を制作したのは、あのレベルファイブ。「ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君」や「ローグギャラクシー」の開発を手掛けた事でも有名だ。この「レイトン教授と不思議な町」(以下、レイトン教授)」は、レベルファイブ初のニンテンドーDS用作品として、かなり力を入れているらしい。今までとは一風変わったこのソフト、存分に楽しませてもらうとしよう
       1|2|3|4|5 次のページへ

[桜山憂太,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping