ニュース
2007年03月14日 18時14分 更新

「十二之天」ミニゲームシステムの情報が明らかに

 ロックワークスは、MMORPG「十二之天 〜TweleveSky〜」(以下、十二之天)のミニゲームシステムの情報を公開した。

 十二之天には、「飛虎競争」と「さいころ勝負」の2種類のミニゲームが用意されている。飛虎競争は、8匹の飛虎(子猫のような動物)が競争し、競争結果を予測することでゲーム内通貨やアイテムを獲得することができるというもの。1〜8までの飛虎のうち、1匹を選択。各飛虎には、序盤・中盤・終盤と各能力値が設定されており、競技場を5周して一着になった飛虎が優勝となる。選択した飛虎が優勝した場合、配当率に応じた配当金を受け取ることができる。

  • 配当率:(全体の金額/該当の飛虎の総かけ金)で決定
  • 配当金:(該当の飛虎のかけ金×配当率)
  • 手数料:賭けた金額の1% 賭ける際に自動的に消費
  • ボーナス商品:選択した飛虎が優勝した場合に、ランダムでボーナスアイテムが配布される場合がある。かけ金の額によって、配布されるアイテムの性能も変化する
  • アイテム:知覚丸(一定時間、入手経験値二倍)

 またさいころ勝負は、六面体のさいころ2個を転がして出た目と自分の賭けた数字を比べて勝負するゲーム。勝負に勝つと、かけ金の2倍を獲得することができる。

 なお、クローズドβテストでも、ゲーム内でミニゲームをプレイすることが可能。これを機会にテスターに応募しよう。応募はこちらから。

photophoto 飛虎競争(左)とさいころ勝負(右)

Copyright(C)2007 by Gigassoft Co.,Ltd.(C)Copyright RoC Works Co.,Ltd. All rights reserved. / Published by RoC Works Co.,Ltd.


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping