ニュース
2007年03月15日 19時06分 更新

モバイル版ならではのオリジナル要素も──「リネージュモバイルi」の詳細を公開

エヌ・シー・ジャパンは、4月2日9時からサービス開始を予定しているiモード向けRPG「リネージュモバイルi」の舞台やオリジナル要素などを明らかにした。
photo 「リネージュモバイルi」

 エヌ・シー・ジャパンは、4月2日9時からサービス開始を予定しているiモード向けRPG「リネージュモバイルi」の詳細を明らかにした。月額利用料は525円で、対応機種はメガアプリ対応機種。

 リネージュモバイルiでは、個性的な血盟主たちが率いる血盟を軸にゲームが進行する。最初の舞台となるグルーディン村では、3つの血盟──自らの正義のために命を捧げることができる情熱を持つバーツ率いる「ミスリル聖騎士団」、冷静沈着な表情に多くの秘密を隠しているフリキオス率いる「深淵の黙示録」、大きな悲しみを乗り越えアデン大陸に癒しの歌を奏でるアイリーン率いる「エヴァ修道会」が勢力を競っており、プレーヤーはグルーディン港に降り立ったアデン大陸の冒険者として、いずれか1つの血盟に所属して壮大な冒険を始めることとなる。

photophotophoto それぞれの血盟の率いる3人の血盟主

 村の「クエスト案内所」で受けることができるクエストには、初級レベルから上級レベルまでさまざまなものが用意されており、報酬としてアイテムや経験値、所属する血盟のポイントを獲得できる。また、特定のクエストでのみ発生するモンスターや一定条件下で登場するクエストなども用意。マップは4週間〜6週間に1回の頻度で追加される予定で、場所や地形により出現するモンスターやクエストが異なるという。

photophotophoto

 血盟同士の戦いとなる「攻城戦」は2週間に1度発生し、プレーヤーは攻城戦モードを選択することで参加可能となる。所属している血盟ごとに攻城戦ポイントを競い、最終的に獲得した攻城戦ポイントが最も多かった血盟には、次の攻城戦まで城主血盟として君臨する権利と、さまざまな恩恵が与えられる。現在のところ、他ユーザーとの関わりとしてあげられるのは攻城戦のみだが、携帯の進化に合わせて、他ユーザーとのプレイ要素を追加実装していくという。なお、第1回目の攻城戦は4月21日に開催予定だ。

photophotophoto

 リネージュモバイルiのオリジナル要素としては、ギルドで傭兵登録されているキャラクターを雇い、傭兵として一緒に冒険できる「傭兵システム」がある。傭兵登録されているのは他ユーザーのキャラクターで、自分のキャラクターを傭兵登録することも可能。これにより、ログインしていない時でも経験値とアデナを獲得できるようになっている。他ユーザーが自分のキャラクターを雇用した場合、獲得した経験値の5%と雇用コストを報酬として受け取ることが可能だ。

 PC版「リネージュII」とのデータ連動などはないため、これまでリネージュをプレイしたことがない人でも楽しめるようになっている。ただし、既存ユーザー向けのキャンペーンは随時展開を予定しているとのこと。

 リネージュモバイルiへのアクセスは http://lineagemobile.jp/i/index.php から。

Lineage II(R) and Lineage II(R) the Chaotic Throne are trademarks of NCsoft Corporation.
2003-2007 (C) Copyright NCsoft Corporation. NC Japan K.K. was granted by NCsoft Corporation
the right to publish, distribute, and transmit Lineage II the Chaotic Throne in Japan. All Rights Reserved.


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping