ニュース
2007年03月22日 15時34分 更新

コーエー国内初の試みでサントリー新商品をゲーム内広告――「大航海時代 Online」

wk_070322dai01.jpg

 コーエーは、オンライン海洋冒険ロールプレイングゲーム「大航海時代 Online」において、サントリーの清涼飲料新商品「BINGO BONGO」(ビンゴ☆ボンゴ)の本格的ゲーム内広告を実施すると発表した。

 このゲーム内皇国は、約4週に渡って行われる「大航海時代 Online」のゲーム内イベント「セビリア春祭り」の中で実施するもので、プレーヤーはシナリオに沿ってサントリーの新商品「BINGO BONGO」を模した飲料アイテムを作成。特定の条件を満たすと、「BINGO BONGO」をモチーフにした飲料アイテムや同商品のマスコットが描かれた仮面アイテムなどを手に入れることができるといった内容。

 商品をゲーム内にてただ紹介するだけでなく、ゲームシナリオと完全に連動した本格的な体験型ゲーム内広告は、国内初の試みとのこと。

wk_070322dai02.jpgwk_070322dai03.jpg

 「BINGO BONGO」は、ラテンのようなはじける気分を演出する新しいタイプの炭酸飲料として、サントリーによって開発。中味は、グレープに人気のカシスを加えた「レッドグレープ&カシス」と、オレンジにパッションフルーツを組み合わせた「オレンジ&パッションフルーツ」の2種類。パッケージには、フルーツをモチーフにした陽気な顔をデザインしている。


 「大航海時代 Online」は、16世紀の“大航海時代”を舞台としたオンラインゲームで、今回のゲーム内広告はサントリーの意向により実現したという。

 「サントリーは現在、既存の広告以外の新しい広告手法を模索しており、こうしたゲーム内広告に対して高い関心を持っています。今回、『大航海時代 Online』のゲーム内広告が、新商品『BINGO BONGO』のイメージをより多くのお客様にお伝えするのに最適な手法の1つであると判断したことから、今回の企画に参加することとなりました。ゲーム内広告は、ゲーム市場が拡大すると共に注目を集めており、特に多くのユーザーが毎日プレイするオンラインゲームは接触頻度も高いことから広告メディアとしての期待が高まっております。しかし、ゲーム性に合わない商品の広告を登場させることで、ゲーム全体の世界観を崩すなどの懸念もあります。このたびのゲーム内広告は、“大航海時代”という世界観とサントリーの新商品のイメージが合致したことなどにより実施するもので、4カ月以上前からディスカッションを重ね、ゲーム内の世界観を崩すことなく、PRする商品のイメージを確実にユーザーに伝える方法の討議を重ねて参りました。コーエーは、今後ともゲーム内における広告ビジネスを積極的に展開するとともに、クオリティの高い作品の開発・運営を推し進めてまいります」とコメントを出している。

wk_070322dai04.jpgwk_070322dai05.jpg

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping