ニュース
2007年03月27日 17時57分 更新

“日本モデル”に生まれ変わるR.O.H.A.N (1/3)

YNK JAPANがサービスしている「R.O.H.A.N」が日本独自仕様にリニューアルされる。4月末よりフリーテストを開始。

 YNK JAPANは3月27日に発表会を開催し、同社が運営するMMORPG「Renaissance of Human and Nature(R.O.H.A.N)」についてのリニューアル計画を発表した。

 今回のリニューアルにおける一番の主眼は「日本モデル」への変更だ。「R.O.H.A.N」サービスプロデューサーであるシン・ウィル氏は「R.O.H.A.Nは韓国および台湾でもサービスをしているが、両国ともに人気のタイトルとなっている。それと比べて、なぜ日本では受け入れられなかったのか、どうしたら受け入れられるのか考えてきた」と語る。その後ユーザー分析を行い、日本ユーザーのプレイスタイルや特徴にあわせて、「新生『R.O.H.A.N』」として再スタートをすることにしたとのこと。このため、4月末より開始される「R.O.H.A.N」は、完全な日本独自仕様となる。

画像 「R.O.H.A.N」サービスプロデューサー シン・ウィル氏
画像 韓国と台湾でのR.O.H.A.N

 今回のリニューアルに当たっては、「親切」、「軽さ」、「面白さ」、「華麗に」の4つがキーワードだ、とシン氏。初心者に優しい視点でゲームを見直し、レベルアップを楽しくするために、Lv30以前にクリアできるクエストの内容と報酬を強化。クエストを通じて早いレベルアップを促すという。また、初心者対象のイベントを毎月行い、短時間でのLv30到達を誘導するとのこと。その代わりゲームバランス調整のため、Lv50以降の経験値が減少することになる。

 また、従来はアイテムにランク制限があったのだが、新生「R.O.H.A.N」以降はランク制限を撤廃。ソロプレイユーザーも限界を感じることなくプレイを楽しむことができる。また、ゲーム内通貨「クロン」の単位を、日本の金銭感覚に合わせて1/10にデノミネーションするほか、PKシステムを一新。これまでは仕掛ける側が一方的に強かったシステムを、デスペナルティの増加や死亡ドロップ率向上により、PKを望むユーザーだけのハイリスク、ハイリターンシステムになる。PKしやすい仕様のアサシン系種族「ダン」についても、初期設定を「平和モード」(通常のプレイが可能)にして、Lv30になると受けられるモード変更のクエストを経て、リスクを説明の上、暗殺モードへ転換できるようにするとのこと。ゲームガイドが強化され、ポップアップヘルプやガイドマニュアル、スクロールチップが導入される。

画像画像画像

 新生「R.O.H.A.N」では、グラフィッククオリティを現状のまま維持しながら、PCの最低スペックが推奨Pentium 4/2.4GHzから2.0GHzへ、必須1.8GHzから1.4GHzへ下げられ、ノートPCでもプレイできるようになる。クライアントの容量も1Gバイト以上減少し、ダウンロード時の負担も少なくなるとのこと。これについて聞いてみたところ、バックグラウンドで動作していたプログラムやデータなどの最適化を行った結果、実現できたそうで、プレイ中の通信量が増大したり、ということはなさそうだ。

画像画像

 「面白さ」についてだが、テキストウィンドウを読みやすくするとともに、日本ユーザーが好む「クエスト」について強化したとのこと。クエストの数を増やし、報酬をアップするだけでなく、連続してプレイできるリレークエストを日本独自仕様として追加する。

 これらの項目に加えて、メイン画面とローディング画面、キャラクター選択画面が変更されるほか、NPCのグラフィックも変更。ゲーム内に日本風のアイテムが置かれたり、エンシェント装備についても和服テイストが盛り込まれるなど、グラフィックが一新される。詳しくは次ページのスクリーンショットを参考にしてほしい。

画像 「R.O.H.A.N」運営チーム責任者 細井貴之氏

 サービス面についてだが、運営側とユーザーのコミュニケーションを強化するために、GMがかかわるイベントが増えるようになる。GMとパーティを組んで探検に出かけたり、1人もしくは複数のGMとPvPを行ったりといった具合だ。「R.O.H.A.N」運営チーム責任者である細井貴之氏は「GMはこれまでセキュリティパトロールが主な役割だったが、ユーザーとふれあうために活動をしていく。これまでに1度だけオンラインでの座談会も開催されたが、今後は積極的にユーザーの声を取り入れていきたい」と語る。

 「『R.O.H.A.N』をプレイしてくれるユーザーは、モンスターを討伐したくて遊んでいる。それと同じでGMを倒すことで達成感を感じてほしい」(細井氏)

 このほかにも、コスチュームのデザインを公募したり、ユーザーが企画したイベントをGMがサポートしたり、初心者向けの講習会を実施したりという予定が組まれている。

 新生「R.O.H.A.N」のフリーテストは、先ほども述べた通り4月末の開始を予定。現状のアカウントが利用できるほか、ユーザーデータもそのまま引き継げる。なお、フリーテスト中は無料でプレイができるようになる予定で、課金システムがアイテム課金に変更されるかについて同社は、1つの案として検討はしているが、フリーテストの結果をふまえてユーザーの希望に添う形で検討したいと述べている。なお、フリーテストの詳細については、後日発表される予定だ。

       1|2|3 次のページへ

[今藤弘一,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping