ニュース
2007年03月30日 19時41分 更新

グラビア界の黒船 リア・ディゾンも来航――「テクモプレスカンファレンス 2007 Spring」 (1/2)

3月30日、テクモは新作ソフトの発表の場としてプレスカンファレンスを開催した。発表会では、作家の西村京太郎氏をはじめ、女優の山村紅葉さん、アーティストのリア・ディゾンさんが登壇。今後控えている5タイトルを紹介した。
wk_070330tecmo01.jpg

 3月30日、テクモは品川 ザ・グランドホールにおいて、新しいユーザー層の獲得を目指すタイトルや新たな遊びを提案できるタイトルなど、開発を進めている家庭用ゲーム機向けの新作ソフトの発表会「テクモプレスカンファレンス 2007 Spring」を開催した。

 発表会にはテクモ代表取締役社長の安田善巳氏をはじめ、各タイトルに関わっているプロデューサーやディレクターが登壇。さらに発表会には、各タイトルに関係するゲストとして、作家の西村京太郎氏や女優の山村紅葉さん、そしてアーティストのリア・ディゾンさんらが登壇し、華を添えた。


wk_070330tecmo02.jpg テクモ代表取締役社長 安田善巳氏。今後、ニンテンドーDSへの本格参入を宣言し、ユーザー層拡大に努めるとコメント

 まず挨拶に立った安田氏は、「新しいゲームの未来を切り開くという意気込みと、情熱をもって挑んだここ1年の成果を発表できることに感謝し、従来の10代後半から20代前半のユーザー層以外への広がりを期待できるタイトル群への自信と自負を持っている」と語る。

 安田氏は約1年前、開発者全員と1対1で対話し、その席でテクモの今後のゲーム開発に対する目標を議論したと明かす。その対話を経て、世界のゲーム市場で戦える作品を作ろうという意欲ある若手を抜擢。老若男女問わず幅広いユーザー層に訴求でき、またタッチペンで新たなアクションゲームの新境地を提案したいと、ニンテンドーDSへの本格参入を決意するに至ったのだそうだ。

 「携帯ゲーム機という新しいフィールドを得て、初心に返った我々は、ゲームを作る楽しさを肌で感じている。製作者サイドが感じているワクワク感をともに感じてほしい」と、ニンテンドーDS向けのタイトルラインアップを充実していくことと、それとは異なる思想で、ハイエンド機に対するクオリティ高い作品も開発していきたいと意欲を見せた。

「DS西村京太郎サスペンス 新探偵シリーズ 京都・熱海・絶海の孤島 殺意の罠」

wk_070330tecmo03.jpg 本作プロデューサーの設楽昌宏氏。会場ではまず火サス並の気になる告知ムービーが上映された。「殺したほうにもワケがある」というキャッチーさに、期待も高まる

 ここからは作品ごとの紹介へと移る。テクモ ゲーム事業部 プロデューサーの設楽昌宏氏が登壇し、新規ユーザー層獲得第1弾タイトル「DS西村京太郎サスペンス 新探偵シリーズ 京都・熱海・絶海の孤島 殺意の罠」誕生のいきさつについて、2つのきっかけがあったことを明らかにした。

 まず、西村京太郎氏との出会いを挙げ、西村氏の並々ならぬ尽力に感謝を述べる。そして、2人目の出会いとして、福島県在住の恵子さん(57歳)を紹介し、恵子さんのひと言が開発への背中を押してくれたと説明する。この恵子さん、オチ的には設楽氏の母親なのだが、帰省したおりこの母親がニンテンドーDSを所望したことが大きな理由になったのだそうだ。現在、ニンテンドーDSユーザーを年代別に見ると、30%が中高年(ゲームシニア)層で締めている。ユーザー層の拡大を実感した設楽氏は、彼らゲームシニア層がニンテンドーDSで教養系ゲームを楽しんでいる現状を、逆に教養系ゲームしか選択肢がないのではないかと危ぶみ、彼らにアプローチする作品作りを踏み切ったという。

wk_070330tecmo04.jpg 本作開発の原動力ともなった福島県在住の恵子さん

 本作はこうして3つのマニフェストを掲げることになった。それが「あんしん」、「かんたん」、「役に立つ」というコンセプトである。シニア層には馴染みの深い「サスペンス」を題材に西村京太郎氏の原案・監修の元(=あんしん)、敷居の低いアドベンチャーゲームで操作も親切を徹底(=かんたん)、推理を解くことで頭の体操にもなる(=役に立つ)ものを実現しようとしたわけだ。

 本作は前述したとおり、ミステリー界の巨匠・西村京太郎氏の原案・監修による推理アドベンチャーゲームである。プレーヤーは、探偵「新 一新」(あらたいっしん)となって、助手の京 明日香(きょうあすか)とともに、謎に包まれた父親の真相に迫るという内容となっている(紹介はこちらの記事で)。

 ゲームは「長編」と「短編」の2つのモードを使い分け、「長編」ではサスペンスドラマの臨場感を、「短編」では1問5分程度の推理問題を楽しめるお手軽感が得られるように構成されている。ニンテンドーDSのタッチペンで気になる場所や矛盾点などを感じた場所をペンでなぞったり、犯人の逃走経路をペンで描くことで、ゲームは進行していく。

 発表会では、本作の特徴のひとつとして「カットパネル」システムも紹介された。これは怪しいところが絞りこまれてタッチスクリーンに表示されるもので、プレーヤーに優しい親切設計となっている。

wk_070330tecmo05.jpgwk_070330tecmo06.jpgwk_070330tecmo07.jpg

wk_070330tecmo11.jpg 左から設楽昌宏氏、安田善己氏、西村京太郎氏、山村紅葉さん

 ここで、本作原案・監修をつとめた西村京太郎氏と、本作のサスペンスナビゲーターでもある女優・山村紅葉さんが合流し、トークショウが行われた。

 本作では、西村氏が長年温めていた「絶海の孤島」を舞台にした推理サスペンスであり、西村氏もキャラクターの名前からストーリーまでかなり口を出したと、開発者を労う。最近では、小説は携帯などでも読めるので、常に新しいメディアでの展開を模索している西村氏にとってみればゲーム化は実に自然な流れだったのそうだ。今回のゲームが40代〜50代に普及し、多くの人に遊んでもらえたらとアピールしてくれた。

 今回サスペンスナビゲイターとして起用された山村紅葉さんは、2時間ドラマの裏女王と呼ばれるだけあって数多くのサスペンスドラマに出演している。「普段あまりゲームはやらない私でも簡単に遊べるし、さらにドラマのような臨場感を味わえる作品になっている」と山村さんも太鼓判を押す。山村さんは本作のプロモーションも担当し、さまざまなメディアで紹介する機会もあると今後の展開にも触れた。

wk_070330tecmo08.jpg 西村京太郎氏
wk_070330tecmo09.jpg 山村紅葉さん
wk_070330tecmo10.jpg 本編にも出演する「京太郎くん」を紹介

「ロード・オブ・リングス オンライン アングルマールの影」

wk_070330tecmo12.jpg LieVo事業統括 佐々木憲太郎氏

 テクモとSeedCが資本・業務提携を行い、昨年10月より両社が共同で展開する次世代オンラインゲームプラットフォーム「LieVo」。その新プランとして、「LieVo」ブランドのPCソフトのパッケージ販売を行うことを、LieVo事業統括 佐々木憲太郎氏が発表した。その第1弾となるのが、さくらインターネットが運営する「ロード・オブ・ザ・リングス オンライン アングマールの影」となる(ゲーム紹介はこちら)。

 同ソフトについては、さくらインターネット代表取締役社長の笹田亮氏より説明が行われ、パッケージの販売時期は5月の連休明けぐらいを予定しているとのこと。正式サービス開始までの流れは、4月24日よりクローズドのβテストを行い(アメリカでは正式サービス開始)、パッケージ版発売後にオープンβ、そして正式サービスとなる。クローズドβサービスについては、4月6日より公式サイトで募集を開始するとのこと。

 なお、LieVoパッケージだけのスペシャル特典として、限定アイテムの「はやての指輪」とプレイチケット(クライアント料 3000円/月額プレイ料1500円(1カ月分)の合計4500円分)が同梱されることが発表された。

wk_070330tecmo13.jpgwk_070330tecmo14.jpgwk_070330tecmo15.jpg 「指輪物語」を忠実に再現したMMORPGであり、世界の中にはガンダルフなどのキャラクターが登場する。彼ら旅の仲間と出会い、中の国を駆け回ろう
       1|2 次のページへ

[加藤亘,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping