ニュース
2007年04月20日 16時49分 更新

「熱血江湖オンライン」に、高レベルキャラクター向けの新マップがオープン

 エムゲームジャパンは、同社が提供するMMORPG「熱血江湖オンライン」において、高レベルキャラクター向け新マップを4月25日にオープンする。

 今回新たに、90等級から110等級前後を対象とした「百武館」、「松月館」、「南明洞」が登場。またマップ追加に伴い、新たに18種類の高レベルモンスターの追加と、23個の新たなクエストの実装が行われる。

photophotophoto

百武館

 神武門の南のエリア、有正関と南明湖を源に大きな川が流れている正派のエリア。あまり注目されることもなかったため、正邪派大戦の際の争乱による影響は少なく、豊かな自然が破壊されずに残っている。百武神豹や赤曙鷹など、ここでしか見られない動物たちが存在するが、正邪大戦時の残兵や、おたずね者の刺客たちが流れ込む危険な地域でもある。

松月館

 喩泉製毒部の北のエリア、高く険しい山々の連なる山岳地帯。ここもまた、住人が少なく、正邪派大戦の際の争乱による影響をほとんど受けずに、豊かな自然が破壊されずに残っている。しかし、不法に山を切り崩す石工たちや、凶悪な盗賊集団の根城が点在する上、人を襲う木の妖怪も目撃されており、常に危険と隣り合わせの地域でもある。

南明洞

 南明湖の地下に広がる巨大で入り組んだ洞窟。南明洞には、南明湖にいる「南明湖警備兵」に話しかけることで入場できるが、正派と邪派では違う入り口から入場する。洞窟内部は恐ろしい冥界の幽霊たちがさまよい、生者を待ちかまえている。地上と同様、正派と邪派の対立地域で、日々、正派と邪派との争いが繰り広げられている。

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping