レビュー
2007年04月25日 16時10分 更新

「逆転裁判4」レビュー:

法廷に「待った!」と「異議あり!」の嵐が吹き荒れる――オドロキの新章に突入した「逆転裁判」 (1/3)

前3作で主人公を務めた成歩堂龍一に代わって法廷に立つのは王泥喜法介、若干22歳。マジシャンのみぬきちゃんとともに被告人の無罪を勝ち取れ!

法廷の中心からちょっとずれたところで「異議あり!」を叫ぶ弁護士の物語

wk_070425gyaku01.jpg

 「逆転裁判」シリーズの最新作にあたる「逆転裁判4」が、ニンテンドーDSで発売された。カプコンの「逆転裁判」シリーズは“法廷バトル”というジャンルを築いた人気アドベンチャーゲームで、ゲームボーイアドバンスをプラットフォームに「逆転裁判」、「逆転裁判2」、「逆転裁判3」がリリースされた。ニンテンドーDSでは「逆転裁判 蘇る逆転」(ゲームボーイアドバンス版「逆転裁判」の移植+オリジナルの新エピソードが追加されている)と「逆転裁判2」(ゲームボーイアドバンス版「逆転裁判2」の移植作)がリリースされている。その他にもPC版や携帯アプリ版などがあり、幅広い層での人気の高さがうかがえる。

 犯人を捜す、真相を追う、という内容のアドベンチャーゲームの歴史は古い。家庭用ゲーム機であればファミリーコンピュータの「ポートピア連続殺人事件」や「オホーツクに消ゆ」、「探偵・神宮寺三郎」シリーズなどが思い起こされる。その他にも探偵が活躍するゲーム、刑事が事件を捜査するゲームというのは数限りなく存在しており、各ハード、各時代において、それらのタイトルはミステリー好きやアドベンチャーゲーム好きたちに愛好されてきた。

 その流れを汲みつつも新機軸のアドベンチャーゲームとして2001年に「逆転裁判」が登場した。「逆転裁判」の主人公は、探偵でもなく刑事でもなく、なんと弁護士。そして物語の中心となる舞台は、もちろん“法廷”だ。

 「逆転裁判」の主人公・成歩堂龍一(なるほどうりゅういち:通称ナルホドくん)は、無実の罪を着せられた被告人のために検事と熱い闘いを繰り広げる。証人の発言に「待った!」とゆさぶりをかけ、「異議あり!」と高らかに宣言しては事実と“ムジュン”する証拠品をつきつけ、被告人の無罪の立証に向けて一歩ずつ前進していく。この“ムジュン”を発見し真犯人である証人を追い詰めていく過程、検事や真犯人に何度も形成逆転されながらも、最後まであきらめずに相手を打ち崩していくというドラマチックな展開が「逆転裁判」シリーズの核の部分だと言っていい。

wk_070425gyaku02.jpg

 1作が4話〜5話のエピソードで成り立っているのだが、各エピソードが意外なところでリンクしていたり、複雑に絡み合って形成されているというのも「逆転裁判」の魅力のひとつで、プレイし始めたら続きが気になって、眠れない夜を乗り越えて一気にクリアした、という人も多いのではないだろうか。

 また、絶妙なシナリオとともに「逆転裁判」シリーズの人気を支えているのが、個性的で愛すべきキャラクターの数々だ。「逆転裁判3」までの主人公・成歩堂を筆頭に、ライバルである検事・御剣(みつるぎ)、直情型の熱い刑事・糸鋸(いとのこぎり)、成歩堂の良き助手である真宵(まよい)ちゃん、成歩堂の友人で被告人になったり事件に巻き込まれたりするトラブルメーカー・矢張(やはり)など、それぞれが時にコミカルに時にシリアスに立ち回り、物語に彩りを添える。ちょっとしか登場しないのにインパクトのある脇役や、奇妙な言動で笑わせてくれる真犯人など、キャラクターの魅力はとどまるところを知らず、別冊ヤングマガジン、週刊ヤングマガジンで漫画化もされたほどだ。

wk_070425gyaku03.jpg 本作の主人公は、特徴的な髪型の王泥喜くんだ

 そんな、ゲーム性、ストーリー、キャラクターの見事な融合で好評を博し、続編が待ち望まれていた「逆転裁判」シリーズの最新作がいよいよ登場した。成歩堂が主人公を務めるシリーズは「逆転裁判3」で完結しており、本作からは“新章開廷!”のキャッチコピーとともに新主人公による新しい物語が生まれる。ニンテンドーDSで新たに展開する法廷バトルはいったいどんなものなのか、お伝えしていこう。

正統派から変化球まで、各種出揃った魅惑のキャラクターたち

wk_070425gyaku04.jpg 王泥喜くんのライバルは、検事にして売れっ子ミュージシャンの牙琉響也

 本作の主人公は王泥喜法介(おどろきほうすけ:通称オドロキくん)。22歳の新米弁護士だ。「逆転裁判3」の7年後の世界が舞台となっており、その世界観はしっかり継承されている。ただし、前3作でのおなじみのキャラクターたちはあまり多くは出てこない。まさに“新章”の名にふさわしいが、前3作の大ファンである筆者としては、あのコやあの人のその後を見てみたいという思いもあり、ちょっと残念だった。しかし、新しく登場したキャラクターたちもなかなかどうして面白い面々だ。

 王泥喜の助手に15歳にしてマジシャンのみぬきちゃん、ライバル検事は売れっ子ミュージシャンでもある牙琉響也、そして王泥喜の師匠は響也の実兄である牙琉霧人。これらの主要メンバーに加え、一見気弱なウェイトレス、ワケありなラーメン屋のオヤジ、ヤクザの肝っ玉母さん、学業にいそしみすぎる理系学生など、相変わらずのクセモノぞろいなのである。

 セリフと動きの絶妙なシンクロ、追い詰められた真犯人の大きなリアクション、変貌ぶりなどは前3作から連綿と続く“逆転”節を感じさせてくれる。キャラクターのリアクションに関して言えば、もっと壊れてもいいのになぁ……と惜しく思う部分もあったが、まずまずの及第点と言ったところだろうか。次回作以降の更なる強烈キャラ、強烈リアクションの登場に期待したい。

wk_070425gyaku08.jpg 個性的なキャラクターが魅力

 個人的にはラーメン屋のオヤジ、理系学生、ヤクザの親父あたりが好きなキャラたち。要するに2話目がお気に入りなのである。どのエピソードが好きか、どのキャラが好きかというのは、人によって意見が分かれるところだろう。みぬきちゃんのかわいさにノックアウトされた人もいるかもしれないし、牙琉兄弟のビジュアルに惚れた女子もいるかもしれない。相も変わらずたまにとんでもないボケをかましたり周りに流されてしまうオチャメな裁判長(セリフの左上に「サイバンチョ」と表記されているのも、またオチャメだ)のファンもいることだろう。多彩なキャラのオンパレードは本作でも十分に堪能できる。


wk_070425gyaku05.jpgwk_070425gyaku06.jpgwk_070425gyaku07.jpg 新キャラもいいが、ファンなら旧キャラの動向も気になるはず。誰がどれくらい出るかなんてのはネタバレになってしまうので言えないが、1話目から成歩堂が登場する、というのは言っておこう。7年の月日で成歩堂はどうなったのか。その姿はぜひご自身の目で確認してほしい。
       1|2|3 次のページへ

[仗桐安,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping