ニュース
2007年04月26日 17時44分 更新

「マビノギ」大型アップデート――3種類目の種族「ジャイアント」が登場

 ネクソンジャパンが運営するMMORPG「マビノギ」では、正式サービスから2周年となる4月26日に大型アップデートを実施した。

 アップデートでは、3種類目の種族「ジャイアント」とそれに関連したマップやスキルなどさまざまな新要素を追加する。

 雪原に住む巨人、ジャイアントは、槍を投げる「投擲」、地響きで相手を止める「ストンプ」などの特殊能力を持っており、生えている木をなぎ倒し、その木を振り回して攻撃するという戦闘スタイルを体験できる。

photophotophoto 3種類目の種族「ジャイアント」。「投擲」(中央)や「ストンプ」(右)としった特殊技能を持っている

 新たな冒険の場となる雪と氷に囲まれた「ピシス地方」には、ジャイアントの村「バレス」、氷でできた迷宮「パルーダンジョン」などがあり、新たなモンスターや動物たちが冒険者を待ち受けている。

 初めの大陸「ウルラ」のティルコネイルにも、「釣りバイト」など新要素を実装。便利な合奏スキル、強力な合体魔法、人間・エルフの顔パーツが追加になったほか、オスラのランダムボックスがリニューアルされ、目玉として片手用の日本刀「打ち刀」、「村正」、「脇差」、「吉光」が登場する。

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping