ニュース
2007年05月21日 17時22分 更新

「SAGA 6:新生の扉」で登場する新マップを先行公開――「エミル・クロニクル・オンライン」

photo

 ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、オンラインRPG「エミル・クロニクル・オンライン」(以下、ECO)の大型アップデート「SAGA 6:新生の扉」を、7月20日に実装。5月25日から6月8日までの期間限定で、「SAGA6:新生の扉」で実装されるマップの一部を、先行公開する。

 「SAGA 6:新生の扉」は、アクロニア大陸の東南東に位置している絶海の島「マイマイ島」が舞台となる。マイマイ島での一番の特徴は、ECO初となる同一マップによる昼と夜、天候の変化によるストーリーの進行。マイマイ島ではプレーヤーが冒険をする際、ストーリーの状況により、マップの時間帯が昼から夜になったり、天候が晴れから曇りなどに変化する。マップ内に存在するNPCやオブジェクトが変わったり、異なる種類のモンスターが登場するだけでなく、同じモンスターでも、昼と夜で攻撃力や特性が変わるという。

ストーリー

アクロニア大陸よりはるか東南東、絶海に浮かぶ島「マイマイ」。

バオバブの巨木が立ち並ぶその島の密林の中に、「マイマイ遺跡」は今も静かにそびえ立っています。

近年、飛空庭の重要な材料であるバオバブの木が大陸で伐採しつくされ、人々が他の地域に素材を求めた時、マイマイ島とその遺跡は発見されました。

圧倒的な存在感を誇るその遺跡はいつしか信仰の対象となり、島を目指す巡礼者たちは、遺跡の周囲にキャンプ村を常設するまでになりました。

しかし、密林の濃い緑の中、セラミックやチタンを思わせる謎の材質を鈍く輝かせる、巨大な甲虫のようなソレ、今にも飛び立ちそうなソレは、本当にただの遺跡なのでしょうか?

ギルド評議会は遺跡調査隊の派遣を決定……。

多くの冒険者たちもマイマイ遺跡に注目し始めました。

今、歴史的な何かが始まろうとしています。


photophoto

 このほかアップデートとして、ペットを育成するのに適した能力を持つ新職業「ブリーダー」の追加や、新たなコミュニティシステムや新種の背負い魔などの要素の実装を予定している。

 また、5月25日にECO初の追加ワールドとなる「ジニア」を公開。それにともない、新ワールドの追加を記念した4大イベントを開催する。

キャンペーン 期間 内容
クエスト経験値2倍 5月25日定期メンテナンス終了後〜6月8日10時 新ワールドを楽しむために、2週間の期間限定で経験値がアップする。また、新ワールドで始めた際のクエストの残数が通常よりも多くなる。
モンスタードロップ2倍 6月8日定期メンテナンス終了後〜6月22日10時 モンスターから出現するアイテムの確率が2倍にアップする。
モンスタースタンプのドロップ率2倍 6月22日定期メンテナンス終了後〜7月6日10時 モンスターから出現するモンスタースタンプの確率が2倍にアップする。
「新ワールドの実」育てイベント 5月25日定期メンテナンス終了後〜7月20日10時 ある条件によりゲーム内アイテム「新ワールドの実」を入手することができる。実は一定期間で成熟する。熟した実からは、素敵なプレゼントがもらえるかも。

 さらにSAGA6の発表、および新ワールドのオープンを記念して、4大キャンペーンも行われる。初心者大歓迎キャンペーンやカムバック応援キャンペーンなど、プレイして間もないユーザーやしばらくプレイしていない人にもうれしい内容となっている。

(C) 2007 BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping