ニュース
2007年05月25日 20時47分 更新

コンパイルハートが新規ブランド「GENE Project」設立――第1弾は「ONI零 ‐戦国乱世百花繚乱‐」

 コンパイルハートは、ディー・イー・エル代表取締役の黒田愛実氏と共同で新規独立ブランド「GENE Project」(ジーン プロジェクト)を本日設立したと発表した。

 「GENE Project」は、「首都高バトル」シリーズ、「UltimateFightingChampionship」シリーズを手がけた黒田氏が統括を行うブランドで、コンパイルハートとは異なる独自のスタッフ、独自のコンセプトで商品開発を行うとしている。ブランド第1弾は、ゲームクリエイターの飯島多紀哉氏が手掛けるニンテンドーDSタイトル「ONI零 ‐戦国乱世百花繚乱‐」であると報告した。

 「ONI」は、飯島多紀哉氏が手掛ける人気シリーズで、1990年にバンプレストより1作目となるゲームボーイ用ソフト「鬼忍降魔録 ONI」を発売。スーパーファミコン、プレイステーションと複数のハードで展開し、1995年にテレビアニメ化もされている。「ONI」はその後、「ONI零」という新シリーズとして蘇り、飯島氏の設立したパンドラボックスより2001年にはプレイステーション用「ONI零 〜復活〜」として発売されている。本作はその作品から6年ぶりの「ONI零」シリーズの新作にあたる。

wk_070525gene01.jpg
コンパイルハートは、アイディアファクトリーの100%子会社で、主にライト層に向けたゲームソフトの企画・製作・販売などを行っている。


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping