ニュース
2007年06月11日 16時04分 更新

北海道での5年ぶりの夏休み――「ぼくのなつやすみ3 -北国篇- 小さなボクの大草原」 (1/2)

前作から5年ぶりに登場した「ぼくのなつやすみ3 -北国篇- 小さなボクの大草原」の舞台は北海道。あの夏の夕日の美しさ、緑の匂い、川のせせらぎ、あなたはまだ覚えていますか?
画像

ストーリー

1975年、夏。

北海道のどこかにある、花詩(はなうた)という小さな田舎町。

牧草地が広がる一帯では、今日も子どもたちが楽しそうに遊んでいます。

ここは、すがすがしい夏風と、強い日差しが照りつける北国の大草原。

そしてこれは、母さんの出産を控え、夏休みの1カ月間、酪農を営む叔父の家に預けられることになった、もう1人の「ボク」の物語。

乾いた牧草の香り、元気な子どもたちの歓声、そして幼き日の淡い恋……。

「ボク」の目の前を、広大な風景と数々の人間模様が通り過ぎていきます。

あなたがいま、本当に大切にしているものはなんですか?

それは形のあるものですか?

……手で触れて、抱きしめることができるものですか?

画像

 前作から5年、今度はプレイステーション 3での登場となった「ぼくのなつやすみ3 -北国篇- 小さなボクの大草原」(以下、ぼくのなつやすみ3)。今回は北の大地、北海道で8月1日から8月31日までの期間を過ごすことになる。

 「ぼくのなつやすみ3」はこれまでと同様、ゲームデザインは綾部和氏、制作はミレニアムキッチン。キャラクターデザインを上田三根子さん、ナレーションはダンカンさんが担当している。また、次世代機にプラットフォームを移したことで、木漏れ日に揺れる草葉の陰影や草原を駆け抜けるそよ風、そして大空に広がる夕焼けのグラデーションなど、“夏休み”の臨場感が今まで以上に向上しているとのこと。

 また、これまでに用意されていた「昆虫採集」や「虫相撲」、「魚釣り」はもちろんのこと、動物とふれあったり、野菜を育てたり、緑の大地で草すべりをしたりと、誰もが経験した夏休みがふんだんに盛り込まれている。

昆虫採集

画像画像画像 野山を駆けめぐって昆虫採集。これまでと同様に、捕まえた虫は昆虫図鑑に登録。そして甲虫での虫相撲も。今回の舞台は北国なので、そこにしかいない昆虫が捕れるのかな?

泳ぐ

画像画像画像 もちろん泳ぐこともできる。水中で王冠を探したり、魚を直づかみにしたり……。地元の子どもたちとの水泳大会にも挑戦してみよう

魚釣り

画像画像画像 今回のさかなつりは湖? 川? 仕掛けの種類にもいろいろありそうだ。釣った魚が夕食に出ることもあるかも?

草すべり

画像画像 広大な牧草地でさっそうと草すべり。子供のころに誰もが経験した遊び。段ボールがあればOK!

俳句作り

画像画像画像 俳句を教えてもらって、大自然を歌ってみよう。俳句名人を目指して頑張ろう。俳句では季語が重要だというが……

ゴムとび

画像画像 誰もが遊んだゴムとびが登場。歌に合わせてリズムよくチャレンジしよう
       1|2 次のページへ

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping