ニュース
2007年06月13日 17時46分 更新

「ミラクルサマナー キュイ」、クエストモード第3章「失われた報告書」を実装

 ゲームオンは、召喚モンスターバトル「ミラクルサマナー キュイ 〜黄昏のルビーと秘密の約束〜」(以下、ミラクルサマナー キュイ)において、6月13日定期メンテナンス後より、新しいクエストモード「失われた報告書」を実装する。

 ミラクルサマナー キュイでは、クエストモードとして、2007年3月に「飛竜の山の偵察」、同年4月に「ガルシスの試練」を導入。今回の「失われた報告書」は第3番目のクエストモードとなる。

photophoto 失われた報告書

 失われた報告書は、1人参加型クエストで、誰でも参加することができる。続々と登場するモンスターを倒すことで次のステージへ進む。最終ステージでは、凶悪なボスモンスターが待ち受けている。ボスモンスターを討伐し、かつスタート地点に戻るとクエストコンプリート。

 クエスト中、ドワーフ泥棒ギルドのエース「ラーク」が登場する。このラークは、同クエストの最大の特徴。すばやく動き回り、姿をくらますラークを4回撃破すると、クエストコンプリート後のボーナスアイテムに、一定の確率で「ラークの盾」が現れる。ラークの盾は、レアな装備アイテムで、搭乗した召喚獣のHPを大幅に引き上げ、かつ回復の機能もある。

photophoto ラーク、ラークの盾

 詳細はこちらでご確認いただきたい。

(C)2007 WindySoft & Yolim Communications Co.,Ltd. All Rights Reserved.
(C)2007 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping