ニュース
2007年06月15日 16時43分 更新

オーストラリアの冒険ファンタジー小説がDSになった――「デルトラクエスト 7つの宝石」

バンダイナムコゲームスは、世界14カ国で人気を博す冒険ファンタジー小説「デルトラ・クエスト」をフルタッチアクションRPGとしてニンテンドーDS用で発売する。
wk_070615des01.jpg

 「デルトラ・クエスト」は2001年10月にオーストラリアで発売すると、瞬く間に人気を博し、日本でも2003年秋から岩崎書店より出版され、小学生を中心に大ヒットとなっている冒険ファンタジー小説。世界14カ国で大ブームを巻き起こし、日本国内でも発行部数400万部を突破する「デルトラ・クエスト」が、フルタッチアクションRPGとしてニンテンドーDSで登場する。

 ゲームの操作は、すべてタッチペン1本で行うことができるなど、爽快なアクションを直感的な操作で楽しめるゲーム性を採用。冒険やバトル、謎解き、収集要素など、RPGの王道たる要素を網羅している。

ストーリー

wk_070615des02.jpg

 王家に伝わる7つの宝石がはめ込まれたベルトによってデルトラ王国は守られ、平和に統治されていた。しかし、そのベルトが影の大王によってバラバラにされ宝石は奪われてしまった。国を守る力が無くなったデルトラ王国は影の大王に支配されてしまったのである。

 この危機を救うため、1枚の地図を頼りに鍛冶屋の少年リーフは、デルトラ城の衛兵であったバルダ、沈黙の森で出会ったジャスミンを仲間に、宝石が隠されている7つの魔境を目指して旅に出る。旅の先々では、影の大王の罠が張り巡らされており、魔境を守るモンスターも行く手を邪魔する。だが、その苦境を乗り越える度に、仲間の結束、友情は固くなり、リーフ自身も成長していくのであった。

 迫り来る敵、深まる謎、息もつかせぬストーリー。そしてラストに待ち構える大どんでん返しとは……? ベルトに最後の宝石が戻った時、リーフはデルトラ王国を無事、影の大王の手から取り返せるのか。


wk_070615des03.jpgwk_070615des04.jpgwk_070615des05.jpg

キャラクター

 操作キャラクターは、それぞれ能力や長所が異なる「リーフ」、「ジャスミン」、「バルダ」の3人から選択することができる。任意のタイミングで切り替えが可能なので、場面や状況に応じてうまく使いこなす必要がある。

 なお、「リーフ」は、体力・体重・攻撃力が平均的で、コンボ攻撃は4段まで可能。「ジャスミン」は、動きは早いが、敵の攻撃に吹っ飛ばされやすい特徴。連れている動物を使用して攻撃することもでき、5段のコンボ攻撃が可能。「バルダ」は、体力・体重・攻撃力ともに強力だが、コンボや必殺技が出にくい特徴がある。コンボ攻撃は3段まで可能だ。

wk_070615des06.jpg リーフ
デルトラ王国の都デルの鍛冶屋に生まれ、小さい頃から影の大王の圧制のもと暮らしてきた。冒険好きでいつも外を走り回っている。大王の手下である影の憲兵団に逆らわず従順な両親を頼りないと思っていたが、父ジャードが考えていた宝石を取り戻す作戦を知り、デルトラ王国のために立ち上がる
wk_070615des07.jpg ジャスミン
幼い頃に憲兵団に両親を連れ去られ、「沈黙の森」で独りで生きてきた少女。いつも小動物のフィリとカラスのクリーを連れている。生き抜く為には手段を選ばない野性本能は人間社会のルールを破る事が多く、リーフ、バルダと意見が合わないこともしばしば。木と会話できたり、動物の気持ちが理解できたりといった特技をもっている
wk_070615des08.jpg バルダ
エンドン王の世話係だったミンを母に持ち、自身もデル城の衛兵としての訓練を受けていた。リーフとともに旅立つため、リーフが成長するまで街に身を潜めていた。無口でぶっきらぼうだが、剣技・人格とも、リーフの師匠格である

モンスターたち

wk_070615des09.jpgwk_070615des10.jpgwk_070615des11.jpg

ゲームシステム

 前述したとおり、本作はタッチスクリーン上でタッチペンをスライド移動させると、操作キャラクターも一緒に移動するという簡単操作を実現。バトルもマップ上で遭遇した敵をタッチペンで叩くだけとなっている。タッチをタイミングよく繋げると3〜5回連続攻撃するコンボ攻撃を行うことができる。また、タッチペンを任意の方向に勢いをつけてから弾くと「ダッシュ攻撃」を行うなど、戦闘アクションのバリエーションも多彩に搭載している。

wk_070615des13.jpg 通常攻撃
wk_070615des12.jpg ダッシュ攻撃
wk_070615des14.jpg バルダ戦闘

「デルトラ・クエスト」とは?

wk_070615des15.jpg

 エミリー・ロッダ原作の「デルトラ・クエスト」は、2001年10月に本国オーストラリアで発売開始後、瞬く間に人気を博し、日本でも2003年秋から岩崎書店より出版され、小学生を中心に大ヒットとなっている。図書館での貸し出しや、学校内での回し読みなど、各小学校でブームとなっており、シリーズの累計売上は400万部(2006年8月現在)を突破している。

 本国オーストラリアでは、最新シリーズである3rdシリーズの第1巻が売上100万部を記録し、他のシリーズもどれも児童書ベストセラーリストに常にランキング。その他、アメリカ、中国など世界31カ国で翻訳出版されており、日本国内ではアニメ化されている。

 2001年度Aurealis賞(オーストラリア国内のベストSF・ファンタジー作品を称える賞)にてPeter McNamara Convenaor's Awardを受賞。


「デルトラクエスト 7つの宝石」
対応機種ニンテンドーDS
ジャンルフルタッチアクションRPG
発売予定日2007年9月20日
価格(税込み)5040円
プレイ人数1〜2人
(C)2006デルトラクエスト製作委員会・テレビ愛知
(C)2007 NBGI
※画面は開発中のものです

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping