連載
2007年06月19日 00時00分 更新

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:

刃には刃を、屁には屁を「桃太郎伝説」 (1/3)

連載第44回は「桃太郎伝説」(ハドソン)。「桃太郎」シリーズの元祖で、「桃太郎電鉄」にも共通する明るい世界観を築いたゲームです。また、このゲームの親切なシステムは、後のRPGにも影響を与えました。

高松と佐世保の石像を見てきた

 実は、去年「水晶の龍」の記事で松山へ行った帰りに、高松市にある鬼無(きなし)駅に立ち寄っていた。

 鬼無駅には、桃太郎シリーズでおなじみのキャラクターたちをかたどった石像がある。小さな駅のホームに、ひときわ目立つ桃太郎様ご一行。

 桃太郎といえば岡山というイメージがあるが、実はほかにも桃太郎の伝承が残っている土地がいくつかある。瀬戸内海を挟んで岡山の対岸に位置する鬼無もその1つで、この駅から徒歩圏内の丘に、「桃太郎神社」が存在するのだ。

 鬼無駅にある解説板によると、孝霊天皇の第8皇子・稚武彦命(わかたけひこのみこと)が、女木島の洞窟を根城にしていた海賊を退治した話が、桃太郎の原型になったとされているそうだ。

画像 桃太郎クンとツーショット撮影
画像 犬・猿・キジに加え、貧乏神まで並んでいる。もっとも、今回取り上げる「桃太郎伝説」ではなく、「桃太郎電鉄」の方がモチーフになっているのだが

 あと、「ツインビー」などの記事でハウステンボスへ行った帰りに、佐世保駅にある像も見てきた。

 2004年、ハウステンボスと佐世保市内の各所を回る、「桃太郎電鉄モバイルラリー」が行なわれた際に設置されたもの。貧乏神の頭に猿が乗っていて、「貧乏が去る像」となっている。

画像 2001年に建て替えられた、明るく広い佐世保駅。JR九州と松浦鉄道が接続する
画像 駅構内の観光情報センターの真ん前という、分かりやすい場所に建っていた

 この連載では、「桃太郎活劇」を取り上げたときに、東京の谷中にある「貧乏が去る像」にも行ってきたので、これでわたしは全国3カ所にある桃太郎シリーズ関連の像をすべて制覇したということになる。

 ……あ、確か銚子電鉄に、「桃太郎電鉄」の電車が走ってるんだっけ。

 ネットで調べてみたら、今後は駅に「貧乏が去る像」などの石像も建つ予定だとか。じゃ、いずれこの連載で「桃太郎電鉄」の方を取り上げるときに行ってみよう。

1987年のRPG事情

 「桃太郎伝説」(ハドソン)は、1987年にファミコンで発売されたRPG。和風の世界を舞台としたRPGは、当時珍しかった。

 後にX68000や、PCエンジンにも移植されている(PCエンジン版は「桃太郎伝説ターボ」)。テレビアニメ化もされ、今では桃太郎クンは、ボンバーマンや高橋名人とともに、ハドソンの歴史を語るうえで欠かせないキャラクターとなった。

 ゲームデザイン・さくまあきら氏。キャラクターデザインは土居孝幸氏。週刊少年ジャンプの読者投稿コーナー「ジャンプ放送局」でおなじみのコンビだ。音楽はサザンオールスターズの関口和之氏が作っている。

画像 オープニング。当時のファミコンで、これだけ大きな絵が出るゲームは珍しかった
画像 家々や田んぼ、神社、村人の姿などが、純日本的な風景を演出。こんな村人(?)も出てくるけど

 1986年に「ドラゴンクエスト」(エニックス)が発売され、人気を得たことで、ファミコンでもRPGというジャンルが知られるようになった。1987年1月の「ドラゴンクエストII」は、前作を上回るヒットを記録。これ以降、各社から続々とRPGが発売される。

 1987年には「桃太郎伝説」のほか、「ファイナルファンタジー」、「ヘラクレスの栄光」と、後にシリーズ化されるRPGの第1作が登場し、「ウルティマ」や「ウィザードリィ」もファミコンに移植されている。タイトーの「ミネルバトンサーガ」もこの年だ。

 だが意外にも、この時点ではまだ、「ドラゴンクエスト」のようなタイプのRPGよりも、アクションRPGの方が多かった。

 1月に登場した「リンクの冒険」(任天堂)が大ヒット。また同じく1月、アーケードから「ドラゴンバスター」(ナムコ)がファミコンに移植された。

 さらに「ドラゴンスレイヤーIV」、「ロマンシア」、「ファザナドゥ」と、PCで人気の「ドラゴンスレイヤー」シリーズ作品が、3作もファミコンで発売されている(「ファザナドゥ」は原作の「ザナドゥ」とは違うゲームになっているが)。

 だからこの時代、非アクションのRPGは、どうしても「ドラゴンクエスト」と比較される運命にあり、「ドラクエに似ている」と言われることも多かった。

 しかし今考えると「桃太郎伝説」は(ヘラクレスもFFもそうだが)、後にいっぱい出たドラクエライクなRPGに比べれば、はるかに個性的といえる。

 例えば、戦闘時の仲間の行動。コマンド入力するタイプのRPGでは普通、仲間の人数分だけコマンドを入力する。これは「ウィザードリィ」から来ているシステムで、「ドラゴンクエストII」でも使われている。

 これに対して「桃太郎伝説」では、仲間(犬、猿、キジ)のコマンドはない。仲間はランダムで加勢するのだ。

 桃太郎の攻撃の前にときどき、敵の鬼に犬がかみついたり、猿が引っかいたり、キジが突っついたりすることがある。攻撃回数が1回(ときどき2回)増えるわけで、ありがたい。確実性・戦術性という点ではドラクエタイプに劣るが、そのかわり、意外性が楽しめる。

 また、仲間がつくと桃太郎の攻撃力・防御力・素早さが上がるという利点もある。それまで太刀打ちできなかった強い鬼を相手に、真っ向から勝負できるようになるのだ。

 そのほかにも、桃太郎の段(レベル)が上がったときの処理や、移動魔法の使い勝手などにも、「ドラゴンクエスト」とは違った個性がみられるのだが、これらについてはのちほど述べる。

画像 各地のお地蔵さんは皆、「なー ほー ざ ワールド」が好きらしい
画像 お風呂のシーンは、その後「桃太郎伝説」、「桃太郎電鉄」シリーズで恒例となる。女湯もあり
       1|2|3 次のページへ

[ゲイムマン,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping