ニュース
2007年06月21日 13時47分 更新

マイクロソフト、神宮で「Xbox Night」開催――ダレン・ヒューストン氏始球式

マイクロソフトは6月20日、神宮球場のプロ野球交流戦で「Xbox Night」を開催し、代表執行役社長のダレン・ヒューストン氏が始球式に登場。神宮球場に“Xbox 360”のロゴ入りビニール傘が乱舞した。
wk_070621ms01.jpg

 マイクロソフトは6月20日、神宮球場のプロ野球交流戦 東京ヤクルトスワローズ対西武ライオンズの試合において、「Xbox Night」を開催した。

 試合前には執行役 ホーム&エンターテイメント担当 Xbox事業本部長の泉水敬氏とパーソナルシステム事業部長 兼 Xbox事業本部 リテール営業本部長 五十嵐章氏がプレゼンターとして各チームへXbox 360本体を贈呈。そして代表執行役社長のダレン・ヒューストン氏が始球式を務め、見事キャッチャーミットへと球を放りこんだ。

 今回の「Xbox Night」では、青やピンクのXbox 360とMicrosoftのロゴの入り傘が4000個配布されている。スワローズの応援に由来した粋な計らいで、7回にはスワローズファンが一斉にロゴ入り傘を上下に振る姿を見ることができた。また、試合直前と3回の裏終了時には、バンダイナムコゲームスの「トラスティベル 〜ショパンの夢〜」のCMが大画面で放映されるなどして、Xbox Nightを盛り上げていた。

wk_070621ms02.jpg カナダ出身のヒューストン氏は、アイスホッケーは経験あっても野球はそこそことか。それでもしっかり球は放物線を描いてラミレス選手のミットにおさまった。ちなみに背番号は「360」

 ヒューストン氏は、日本市場でのXbox 360の現状に触れ、毎週調子が上がっていると言及。日本向けのコンテンツが次々と市場に投入され、それらのタイトルが北米向けにローカライズされており、さらにXbox 360だけでなくXbox LIVEを通してPCとのクラスプラットフォームでのプレイも可能としたタイトル(「SHADOWRUN」など)が登場する新たな段階に入ったと説明する。日本の市場から我々は“ゲーム”を学習しているのだとか。

 「Xbox 360はグローバルスタンダードなハードです。日本のゲーム市場は特異な部分もありますが、コンテンツも増え、マーケットの引き合いも出てきています。マイクロソフトはがんばり屋な企業です。一生懸命努力しており、日本市場だけに限らずさまざまな施策を考えています。現状、Xbox事業本部長の泉水氏も素晴らしい仕事をしていますし、彼の長期的なビジョンに満足している」と、日本市場も重要という認識であるとコメントした。

wk_070621ms03.jpg 始球式に登板したダレン・ヒューストン氏は見事な投球を披露する
wk_070621ms05.jpg マスコットのつば九郎ともがっちり握手
wk_070621ms09.jpg 始球式前には、両チームにXbox 360が贈呈。後ろ姿だが、プレゼンターは泉水氏と五十嵐氏

wk_070621ms04.jpg 神宮球場の正面入口には「Xbox Night」の横断幕が
wk_070621ms06.jpg これが4000人に配布された“Xbox 360”と“Microsoft”のロゴ入りビニール傘。傘とともにXbox 360のカタログも配布されていた
wk_070621ms07.jpg 大画面には「Xbox Night」の文字とともに、「トラスティベル 〜ショパンの夢〜」のCMが上映された

wk_070621ms08.jpgwk_070621ms10.jpg 7回のスワローズの攻撃時には「東京音頭」とともにロゴ入り傘を振る姿が……壮観です
wk_070621ms11.jpg ちなみに試合結果だが、8回スワローズの同点3ランで延長戦に突入するも10回、カブレラの13号2ランと栗山の2号で3点をライオンズが勝ち越し。その裏もしのぎ逃げ切っている

[加藤亘,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping