ニュース
2007年06月29日 17時00分 更新

どんなドラゴンが生まれるかな?――――「ドラゴンテイマー サウンドスピリット」 (1/2)

音を聴かせて生み出したドラゴンと一緒に旅をする「ドラゴンテイマー サウンドスピリット」。今回はドラゴンがどのように誕生するのか、そしてドラゴンが持つ火、水、土、風、光、闇の6種類の属性について紹介しよう。

街にある「ネスト」でドラゴンを管理

画像画像

 「ドラゴンテイマー サウンドスピリット」で重要なのが「ネスト」。ネストはドラゴン関係を取りまとめる場所で、街の中にあり、ドラゴンやタマゴを預けたり、ドラゴン体力を回復したりすることができる場所だ。新しいドラゴンを生み出すときは、ネストにある「タマゴ部屋」でかえすことが決まりとなっている。また、街の外に連れ出すドラゴンのチーム編成もここで行うことになる。


 ダンジョンの中、もしくはお店で売っているタマゴを手に入れたら、まずはネストに向かおう。ネストにタマゴを預けてタマゴ部屋に行くと、新たなドラゴンを生み出すことができる。

 なお、タマゴの種類は複数あり、それぞれのタマゴによって生まれるドラゴンの種類が違ってくる。まずはタマゴを選択し、ニンテンドーDSのマイクを通してトントに音を聴かせる。このとき録音した音を確認することも可能で、その音でよければトントがギターに変身し、主人公が演奏をして音の力“スピリット”をタマゴに伝えるのだ。

画像画像画像画像

スピリットによって属性が決定

画像 フラトのタマゴからは全部で12種類のドラゴンが生まれる

 1つの音が1〜3種類のスピリットとなってタマゴに伝わり、その割合で6種類ある属性(火、水、土、風、光、闇)のうち、どの属性のドラゴンが生まれるかが決定する。スピリットは見た目で属性が分かるようになっており、赤=火、青=水、緑=風、茶=地、黄=光、紫=闇、の属性となっている。

 例えば、見た目的に「赤」のスピリット割合が多ければ、「火属性」のドラゴンが生まれやすいということになる。ただし、まれに少ない割合のスピリットの属性が生まれることもあるようだ。

画像 赤いスピリットが多く、緑と茶が少し混ざっているようだ
画像画像 火属性の「フレアソード」が誕生した

画像 こちらは青いスピリットが多く、赤と紫が混ざっている
画像画像 水属性の「ドラグトード」が誕生した

画像

 なお、全てのドラゴンを集めるには、各属性のスピリットが多い音を探すことがポイントとなる。ちなみに録音した音は3つまで保存して、再度タマゴに聴かせることが可能なので、自分があまり持っていない属性の音を見つけたら、保存して繰り返し使うことも可能だ。身の回りにあるさまざまな音を聴かせて、各属性の強い音を探し出そう。

       1|2 次のページへ

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping