ニュース
2007年07月06日 20時24分 更新

第2弾としてCOMPUTEX TAIPEI 2007版ムービーを公開――「ロスト プラネット」

PC版「ロスト プラネット エクストリーム コンディション」ムービー公開第2弾は、2007年6月5日〜6月9日にかけて開催された「COMPUTEX TAIPEI 2007」でのムービーだ。

 「COMPUTEX TAIPEI 2007」で公開されたムービーの見どころは、Xbox 360版との違い。前半はシングルプレイでのキャンペーンモード、中盤はXbox 360 版との比較画面、そして後半はオンラインバトル(マルチプレイ)になり、最後は再びキャンペーンモード。大型の原住生物AK(エイクリッド)とのバトルシーンダイジェストとなっている。

 PC版ではパララックスマッピングによる凹んで見える表現手法を実装。弾痕の表現が、Xbox 360 版よりPC 版の方が立体的に深くえぐられているようになっている。

画像 Xbox 360版
画像 PC版

 またエフェクトは、Xbox360 版に比べて解像度が高いだけではなく、Xbox 360版にはない表現技術、アンビエントオクリュージョンを実装。それにより柔らかな陰影表現が可能になっている。

画像 解像度の違い
画像 アンビエントオクリュージョンによる陰影表現の差
画像 ソフトシャドウにより、PC版は影のエッジがより滑らかに

データポスト

 「ロスト プラネット エクストリーム コンディション」独特の要素の1つとして「データポスト」がある。キャンペーンモードのステージ各所に存在しているこのデータポストを起動すると、「T-ENG」(サーマルエナジー)を一定量回復し、さらに、その領域内のマップを見られるようにするというもの。また、起動後、光が次に進むべき方向を指すという便利なものだ。

画像画像 データポストはBボタン連打で起動。回復するほか進路が判明

画像画像 T-ENGはタンクやドラム缶破壊、AKを倒しても得られる。AKの弱点のコア(オレンジ部分)にたっぷり入っている
画像 データポスト起動時のみ、PDA(携帯情報端末)の左下のマップに周辺情報が表示される

Get Macromedia FLASH PLAYER このムービーをご利用いただくためにはFLASH プラグイン (バージョン8以上)が必要です。

ロスト プラネット エクストリーム コンディション
対応機種 Windows XP/Vista
ジャンル アクションシューティング
発売予定日 2007年7月12日(木)
価格(税込) 7340円
CERO C区分(15歳以上対象)

推奨動作環境 必須動作環境
OS Windows XP/Vista
CPU Core 2 Duo以上 Pentium 4 HT以上
メモリ 1GB以上(Windows XP)、2GB以上(Windows Vista) 512MB以上(Windows XP)、1GB以上(Windows Vista)
HDD容量 8.0GB以上
ディスプレイ 1280×720ドット以上 640×480ドット以上
グラフィックスカード NVIDIA GeForce 8600 以上 DirectX 9.0c / Shader 3.0 以上、NVIDIA GeForce 6600 以上(NVIDIA GeForce 7300を除く)
DVD-ROMドライブ DVD9対応ドライブ
サウンドカード Direct 9.0c以上
入力デバイス Xbox 360 コントローラー マウス、キーボード
ネットワーク環境 ブロードバンド環境必須
Character Wayne by (C)Lee Byung Hun/FANTOM CO., LTD,
(C)CAPCOM CO., LTD. 2006 ALL RIGHTS RESERVED.


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping