特集
2007年07月11日 00時00分 更新

2頭身のちびキャラがゆく、ニアディアオンラインの世界 (1/3)

まもなくクローズドβテストが開始される「ニアディアオンライン」。国内ではジークレストの「アットゲームズ」からまず、サービスが開始される。これに先駆けてテストプレイをする機会をいただいたので、どのようなゲームなのか紹介していこう。
画像

 ちっちゃな勇者たちが剣と魔法の世界、「リオン大陸」を冒険する「ニアディアオンライン」は、台湾で開発され、国内では7月24日からのクローズドβテストを予定しているMMORPGだ。

 国内ではまず、ジークレストが運営する「アットゲームズ」にて展開されるのだが、実際の運営を担当するソリッドネットワークスにお邪魔し、クローズドβテストに先駆けて体験プレイをさせていただいた。また、ソリッドネットワークス ゲーム事業部 ゲーム運営課 長谷部望氏および、プロデュース課 柏木直人氏のお2人に、「ニアディアオンライン」ならではの魅力や特徴などをうかがってきたのでお伝えしよう。

 なお、現在クローズドβテスターを募集しているので、興味のある方は記事をごらんになったあと、こちらのURLから応募してほしい。

画像

 まず「ニアディアオンライン」とは一体どんなゲームなのか、簡単なゲーム内容を紹介しよう。「ニアディアオンライン」の舞台となる「リオン大陸」は不吉な存在であるモンスターがかっ歩し、そのモンスターと絆を結ぶ技術を学び、伝える冒険者が生きる剣と魔法の世界だ。特定の神話や国をベースにしているわけではなく、一般的な“ファンタジー”をイメージしてもらえばよいだろう。

 キャラクター作成時には、4つの職業「モンク」、「ファイター」、「エレメンタラー」、「ディヴァイン」が用意されており、性別はモンクとファイターが男、エレメンタラーとディヴァインが女と、職業で決まってしまう。ただしこの点については、日本のユーザーには不満点となることを見越して、どの職業でも男女選べるように開発元に相談中とのことだ。ディヴァインはあまり耳慣れない名前かと思うが、これはヒールやバフ効果など支援系のスキルを習得できる職業だ。ユーザーはまず職業と髪型を選び、初期ステータス値を調整できる。

 2Dグラフィックスで描かれる2頭身のキャラクターは、移動や攻撃モーションなど一つ一つがとても愛らしい。装備品のうち頭と体に関しては見た目にも反映されるので、おしゃれ装備を集めたり着替えたりと、アバター的な楽しみ方もできるようだ。

 移動は目的地をマウスでクリック。モンスターもクリックすれば相手を倒すまで自動攻撃を続けてくれる。インタフェースは画面右下に8つのショートカット、左上にHP/TP、経験値バー、画面上部にキャラクター情報やアイテムインベントリ、スキル一覧ウィンドウを開くボタンが配置されている。現時点ではローカライズ途中のためスキルボタンが「技能」、ギルドやコミュニティボタンが「組織」など少々堅苦しい表現になっているが、それ以外は昨今のライト系MMORPGで採用している、ごくオーソドックスなインタフェースに近いものなので、MMORPGのプレイ経験があれば操作に悩むことはないだろう。

モンク(男)

画像画像画像 スタート地点:レヴァント
使用武器:爪
拳を使った攻撃で敵を倒すクラス。ニアディアオンラインではアタッカー的な職業だ

ファイター(男)

画像画像画像 スタート地点:べネス
使用武器:剣
多彩な攻撃スキルを持つと同時に、硬い守りも特徴のタンカー

エレメンタラー

画像画像画像 スタート地点:ルシド
使用武器:杖
氷・雷・風・火・地という5つの精霊魔法を習得できる。上級魔法は強力でダメージディーラーとなる

ディヴァイン

画像画像画像 スタート地点:ロタール
使用武器:本
回復や戦闘の補助魔法を使いこなすが、僧侶ではなく知の探究者という設定だ。本が武器というのが学者らしい
       1|2|3 次のページへ

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping