ニュース
2007年07月12日 19時32分 更新

新種族「ダークエルフ」の2次職とは?――R.O.H.A.N

 YNK JAPANは、同社で運営するMMORPG「Renaissance of Human and Nature」(R.O.H.A.N)において、7月25日に実装予定の新種族「ダークエルフ」第3次情報として、2次職である「ウォーロック(warlock)」および「ウィザード(wizard)」の情報を公開した。

 ダークエルフの基本職業は、さまざまな攻撃魔法を併せ持つ「メイジ(mage)」。レベル50になると、ウォーロック、ウィザードのどちらかの2次職への転職が可能になる。

photophoto 右はダークエルフのスキル

ウォーロック

 他者への攻撃こそすべてと信ずる勢力は、研究により強力な対人黒魔法を完成させ、総称としてそのものたちをウォーロックと呼んだ。ウォーロックは、対人戦(PVP)に特化する職業で、持続ダメージスキルやスキル効果の無効化などが特徴。敵の能力減少(ペット効果の無効化、対象補助効果の無効化など)や、スタン、ルート攻撃からの防衛スキルも得意とする。

スキル 効果
ライズルート 知能の100%のダメージを与え、使用者を中心に10メートル範囲内にいる4人を2秒間動けなくする
ローマスター 15秒間、対象の攻撃スキルレベルを1減少させる
マジックプッシュ 使用者の近くにいる対象を150%増加した魔法ダメージで攻撃、少し後ろに移動させる
カウントブロー 18分間、モンスターキルカウントの200%に当たる攻撃スキルのダメージを増加させる
プレベントペット 30秒間、対象のペットの効果が無効となる

ウィザード

 モンスターや多種族の襲撃に悩む火山地域イグニスは、故郷を守るための魔法こそが正しき道と信じ、効率と一斉攻撃を主とした範囲魔法を完成させた。そのものたちをウィザードと呼ぶようになった。

 ウィザードは、一定範囲内にて恐怖、イレイズ、ダメージを与えたり、倒れた所で復活できる能力、多勢への攻撃や逃走のスキルなど、同時攻撃スキルにより迅速なモンスター退治が可能となる。

スキル 公開
リビーリング 対象を2分間、ハイドスキルを使えなくする
リングバースト 使用者を中心に10メートル範囲内の対象4人に精神力の150%が増加したダメージを与える
マジカルピアシング 対象と対象の後方にいる4人の敵に、精神の200%ほど増加された魔法ダメージを与える。15メートル範囲
ストライクバッシュ 精神の100%のダメージを与え、使用者を中心に10メートル以内にいる対象4人を4秒間スタンさせる
エターナルダークネス 使用者の半径10メートルにいる対象4人を10秒間眠らす。睡眠状態の対象はダメージを受けると、目を覚ます

関連キーワード

MMORPG | R.O.H.A.N | YNK JAPAN


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping