ニュース
2007年07月24日 16時34分 更新

新種族「ダークエルフ」新情報――スキルやマップが公開に

 YNK JAPANは、同社が運営するMMORPG「Renaissance of Human and Nature」(R.O.H.A.N)において、7月25日に実装される新種族「ダークエルフ」のスキル、マップ、防具、乗り物に関する未公開スクリーンショットを公開した。

スキル

構成

  • メイジ スキル構成

 基本職業で、攻撃的なスキルが多くそろっている。単体への攻撃と、範囲での攻撃の両方が可能で、相手のマジックバリアやマナガードを破壊する魔法や相手を眠らせる魔法なども持っている。

 攻撃的でないスキルも備えており、例えばパーティーメンバーと一緒に瞬間移動を行う、ポータルワープといったものがある。

  • ウォーロック スキル構成

 ウォーロックは攻撃魔法やダメージを反射させる魔法を持っているが、最大の特徴は、状態異常を引き起こす魔法を多く持っていること。5秒間死んだふりをしてモンスターの敵対心を消しさるスキルなど、さまざまな状態異常をいかに使いこなすかが、ウォーロックの腕の見せ所といえる。

  • ウィザード スキル構成

 範囲を対象にした魔法を多く持ち、ダメージを与える魔法だけでなく、範囲内に状態異常を引き起こす魔法もある。さらに、戦闘不能になってもその場で復活できるスキルを持っているのがウィザードの特徴。

スキル使用説明

photophotophoto 左からエネルギースフィア、ダークメッセージ、ヘルスコイル

photophotophoto 左からマナコイル、イントビーム、ワイドエンカレッジ

  • エネルギースフィア

 序盤に覚えることのできる、基本的な魔法攻撃。通常攻撃よりも強力な攻撃を与える。

  • ダークメッセージ

 序盤に覚えることができ、一定時間HPとMPを増加させる。スキルレベルだけでなく、使用者のレベルが上がるとHP、MPの増加率がさらにに上がる。

  • ヘルスコイル

 通常の攻撃よりも強力なダメージを相手に与え、さらに与えたダメージのいくらかを吸収して自分のHPにする。

  • マナコイル

 通常の攻撃よりも強力なダメージを相手に与え、さらにに与えたダメージのいくらかを吸収して自分のMPにする。

  • イントビーム

 メイジの中でも中級クラスの魔法。単体へのシンプルで強力な攻撃で、攻撃力は知能に影響する。

  • ワイドエンカレッジ

 メイジの中でも上級クラスの魔法で、広範囲攻撃。対象とその周囲にいる相手に強力な一撃を与えます。攻撃力は知能に影響する。

マップ

  • 元老会議場

 首都モントより北に位置する、元老会議場。ここは現在、レベル20〜25前後のモンスターに支配されている。あまり凶悪なモンスターはいないが、油断は禁物。

  • 青い炎の魔法研究所

 首都モントの北西に位置し、最後の決戦場バインドストーンの近くにある、青い炎の魔法研究所。ここは現在、レベル30〜35前後のモンスターに支配されている。少し強くなって慢心した若い魔術師が多く命を落としている。

  • フロックスの神殿

 イグニス地域の最北にあるフロックスの神殿。ここは現在、レベル40以上のモンスターに支配されている。危険な地域なので、うかつに足を踏み入れた場合、命の保証はない。

photophotophoto 元老会議場(レベル20付近)、青い炎の魔法ギルド(レベル30付近)、フロックスの神殿(レベル40付近)

防具(一例)

photophotophoto 左からエドウィン、黒竜、グレイアム

乗り物

photophoto 左からガスト、クルーガー

関連キーワード

MMORPG | R.O.H.A.N | YNK JAPAN


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping