トップ10
2007年08月01日 15時16分 更新

お前こそ真の三國無双よ

全裸系やゾンビ、潜入やら悪魔やら名人やらを押さえて先週の1位に輝いたのは、タイトルにあるとおりでございます。

 先週のトップは、7月17日に開催された「PLAYSTATION PREMIERE 2007」において電撃的に発表されたプレイステーション 3用タクティカルアクション「真・三國無双5」の紹介記事となりました。

 「PLAYSTATION PREMIERE 2007」では「真・三國無双5」の実機映像として趙雲のアクションシーンやオープニングムービーなどが公開されたわけですが、それがもうかっこいいんです。よくもまぁ、サクサクと動く動く。PS3ならではのアクションを堪能できそうです。

 ざっと映像を確認しただけで、記事紹介もされた趙雲と呂布以外にも、劉備・関羽・張飛のおなじみ蜀の3義兄弟をはじめ、呉の孫堅、孫権、そして孫尚香。魏からも曹操と夏侯惇のほかに張郃の姿も見受けられました。司馬懿、周瑜と陸遜、そして諸葛亮と各勢力の軍師たちも元気に策謀を巡らしておりましたし、董卓と貂蝉、張角といったその他勢力のお歴々も姿を見せておりました。

 本作ではキャラクターのモデルチャンジがはかられており、一概に決めつけることはできませんが、状況やイメージから上記の武将たちなのではないかと推測することができました。プレーヤーキャラクターとして使用できるのは、今のところ趙雲と呂布のみ確定していますが、きっと彼らでも遊ぶことができるでしょう。いや、遊ばせてほしい! キャラクターのモデルチャンジとともに、武器やアクションも変更されており、全員確かめずにはいられません。

 注目なのは「連舞システム」の搭載。今までは、ある程度で攻撃の連携が途切れてしまっていたものが、敵の数次第でどこまでもつなげていけるものになるとのこと。究極の爽快感を目指した本作は、さらなる極みを目指したことになる。ずっと連撃が続いていくのは、さぞ気持ちのいいことでしょう。

 また、映像から推測するに、カメラ視点にも改良がなされている様子。実機の映像からは、視点が各攻撃モーションによって自動で追尾していくようになっているようで、より迫力ある攻撃シーンを演出しておりました。もちろん、いつもどおりに近隣の敵へ向くボタンも配置されているものと思われるので、カメラ視点についても満足いくものになるのではないでしょうか。楽しみです。

[加藤亘,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping