ニュース
2007年08月21日 14時45分 更新

ゲーム制作技術情報を日本で初めて広く一般へ公開――「Gamefest Japan 2007」開催へ

 マイクロソフトは、2007年9月6日と7日の両日、グランドプリンスホテル赤坂にて「Gamefest Japan 2007」を開催する。また、開催するに伴い、基調講演として北米で開催されたGamefest 2007においてXNA部門担当ゼネラルマネージャーのクリス・サッチェル氏が行った講演内容をベースとした日本の開発者向けのゲーム開発プラットフォームに関するビジョンが説明されることになっている。さらに、XNA Game Studioを用いて制作したゲームのデモなども行う予定。

 Gamefestとは、マイクロソフトのプラットフォームであるXbox 360やWindows上でゲーム開発を行うクリエイターやプロデューサーに、これらのプラットフォーム上でのゲーム制作の情報を提供するカンファレンス。

 従来のGamefestでは、Xbox 360に限定したゲーム制作の情報を契約者の方たちを対象に提供していたが、XNA Game Studio ExpressのリリースやGames for Windows、Games for Windows - LIVEの発表とともに開発ツールの統合化が行われてきており、特にマルチプラットフォームに対してゲーム制作を行う際の情報が、広く一般にも必要となってきている。そこで、本年よりイベント参加対象を広く一般へと広げ、ゲーム技術情報を日本で初めて広く公開することにしたとのこと。

 「Gamefest Japan 2007」では、サウンドエンジニア、プログラマ、グラフィックエンジニア、品質管理、プロデューサーなどを対象に専門的なセッションを提供し、さらにPCゲームも見据えたマルチプラットフォームへ対応するための必要な技術セッションを提供。そして、2006年12月にリリースされた、マイクロソフトプラットフォームを対象とした統合化ゲーム開発環境であるXNA Game StudioやXNAツールの今後の動向なども情報提供される予定となっている。

 入場料は無料。ただし、オンライン上で事前登録の必要あり。基調講演「ゲーム開発で切り開く新たなエンターテインメントの世界」は、9月6日、午前10時30分開演。こちらも入場無料(事前登録必須)となっている。登壇者は、マイクロソフト ホーム&エンターテイメント事業本部 Xboxマーケティング本部 XNA グループ部長 田代昭博氏。

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping