ニュース
2007年08月31日 00時00分 更新

重さ調節だけじゃない:

グリップ形状も選べる“最強”ゲーミングマウス「G9 Laser Mouse」

ロジクールの最新ゲーミングマウスは、解像度3200dpiのレーザーセンサを採用し、マウスの設定を保存するオンボードメモリを内蔵。着脱可能な2つのグリップも用意した。
og_g9_001.jpg

 ロジクールは8月31日、ゲーマー向けマウス「Gシリーズ」の最新機種として「G9 Laser Mouse」(以下、G-9)を発表した。価格はロジクール ストアで1万1800円。9月21日に発売される。

 G-9は、ゲーミンググレードの「G」を冠するUSB接続の有線レーザーマウス。その名が示す通り、ゲーム用途に求められる高い性能と、豊富なカスタマイズ機能を備えているのが特徴だ。Gシリーズのラインアップには、同じ有線レーザーモデルとして「G-5」があるが、G-9は読み取りセンサの解像度の幅が200〜3200dpi(200dpi刻み)に拡大した。レポートレートは「G-5T」と同じ1000回/秒。

og_g9_002.jpg 幅広グリップ(左)とドライグリップ(右)

 また、G5の特徴の1つであるウェイト調整機構(内蔵カートリッジにおもりを挿入することで重量とバランスを調整できる)を踏襲しつつ、さらに着脱可能なグリップを用意することでカスタマイズの幅を広げている。グリップの種類は、しっとりとしたコーティングの「幅広グリップ」と、やや小型でざらざらとした手触りの「ドライグリップ」の2つ。前者は長時間の使用でも疲れにくく、後者はより正確な操作に向いているという。

 このほか、マウス本体にオンボードメモリも内蔵されている。これにより、付属のユーティリティソフトで作成したプロファイルを本体に記録し、ドライバをインストールしていないPCでも自分用にカスタマイズした設定で利用できるようになった。なお、プロファイルは、解像度やキーボードマクロ、LEDの色などを最大5つまで保存できる。

og_g9_003.jpg ウェイト調整機構

 ボタン構成は7ボタン(ホイール含む)で、チルトホイールには、高速回転とクリック感のある操作性を切り替えられるプレシジョンスクロールホイールを採用。解像度を瞬時に変更するワンタッチボタンは、左クリックボタンの下に(左右方向に)レイアウトされている。

 本体のサイズと重量は、幅広グリップ使用時が82(幅)×108(奥行き)×37(高さ)ミリ/110グラム、ドライグリップ使用時が73(幅)×108(奥行き)×35(高さ)ミリ/109グラム(ともにウェイトカートリッジの重さ3グラムを含む)。ウェイト調整用として、4グラム×4個、7グラム×4個のおもりを用意し、最大28グラムまで重量を追加できる。

og_g9_004.jpgog_g9_005.jpgog_g9_006.jpg 本体上面(写真=左)/底面(写真=中央)/右側面(写真=右)

 対応OSはWindows XP/Windows Vista。付属ユーティリティ「SetPoint」のバージョンは5.0で下位互換性はなく、「当面はG-9専用」(同社)とのこと。

 なお、G-9の使用感などは、詳細レビュー(F1マシンを連想させる操作感――最高峰のゲーミングマウス「G-9」を試す)を掲載しているので、そちらを参考にしてほしい。

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping