ニュース
2007年09月05日 18時05分 更新

CRI・ミドルウェア、フルHDに対応したキャプチャサービスを開始

画像

 CRI・ミドルウェアは、フルハイビジョンに対応したビデオキャプチャサービス「CRIハイエンドビデオキャプチャ」サービス(以下、「CRI-HVC」サービス)を開始する。対応機種はプレイステーション 3、Xbox 360、PC(Windows)ほか、HD出力に対応した各種機器。Games for WindowsなどのPC用ソフトのキャプチャについては、ユーザーの要望に応じて、「ハードウェアキャプチャ」と「ソフトウェアキャプチャ」の2種類の方式から選択可能だ。

 「CRI-HVC」サービスは、さまざまな映像を非圧縮のデジタルデータとして取り込むことができるので、TVなどで鑑賞しているそのままの映像を最高のクオリティでデータ化することが可能とのこと。作業は同社の「CRI-HVC」システムにて実施するため、データを持ち込んだあと作業後にキャプチャデータとして納品される。

「CRI-HVC」サービス概要
対応機種(映像ソースとして) プレイステーション 3、Xbox 360、PC(Windows)ほか、HD出力に対応した各種機器
キャプチャ対象 HDMIやDVIなどによって出力される「デジタル映像信号」
※上記以外、LVDS(デジタル)や、アナログコンポーネント、アナログRGBといった各種信号についても、HDMI/DVIに変換可能であればキャプチャ可能
キャプチャ後のデータ形式 BMP形式(24bit、非圧縮、連番BMP)
価格 利用用途やキャプチャに要する時間、接続する機材などに準ずる
画像 キャプチャ可能な解像度と周波数

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping