ニュース
2007年09月06日 18時17分 更新

そのまんま、足して10にするから「タシテン 足して10にする物語」

任天堂は10月10日にニンテンドーDS用数字あそびアドベンチャー「タシテン 足して10にする物語」を発売する。足して10にするのもひと苦労?

 「タシテン」とは、不思議な世界を旅しながらいろいろな数字あそびに挑戦する、数字あそびアドベンチャー。名前の由来は“足して10(テン)”にするから……?

 タシテンのルールは、数字を組み合わせて10(もしくは10の倍数)にするだけと単純明快。操作はタッチペンのみを使用し、数字あそびには足したり引いたりするものから、マッチ棒を使ったもの、音を聞いて答えるものなど、30種類以上あり、いろいろな遊び方から選ぶことができる。なお、キャラクターデザインの制作やプロデュースはクリエイターの森川幸人氏によるもの。では、タシテンの遊び方を「石のせテン」というタシテンゲームを例に紹介しよう。

wk_070906tashi01.jpg 余計な数字を消して、足して10の組み合わせを作る
wk_070906tashi02.jpg ここでは「2」の上に石をおいて、「1」と「9」を残すと……
wk_070906tashi03.jpg 残った数字を足して10となったのでクリア。これだけ!

30種類以上のいろいろな数字あそび

  数字を組み合わせて10(の倍数)にするだけ、というシンプルなルールながら、30種類以上のさまざまなタシテンゲームが収録されている。以下ちょっとだけ掲載する。

wk_070906tashi04.jpg 「たしてもひいても」は、「+」と「−」をうまく使って10になる計算式を作るというもの
wk_070906tashi05.jpg 「きみがベストマッチ」は、同じく10になるような数式をマッチ棒を使って作るという内容
wk_070906tashi06.jpg 「モゾモゾファイト」は、体に数字が書かれた生き物に、足して10になるような数をタッチペンで直接書き込む

 これらのタシテンゲームを挑んでくるのは、タシテン国に住む不思議な妖精たち。ストーリーは、タシテン国という不思議な世界を旅しながら、それぞれのタシテンゲームを得意とする妖精を探して、数字あそびに挑戦していくことになる。

wk_070906tashi07.jpg タシテン国のエリアの1つ「ガマーの里」。水が多いのが特徴
wk_070906tashi08.jpg いろいろな数字あそびをこなして進みながら、妖精をさがす
wk_070906tashi09.jpg このエリアの長である妖精「ガマーン」を発見
「タシテン 足して10にする物語」
対応機種ニンテンドーDS
ジャンル数字あそびアドベンチャー
発売予定日2007年10月10日
価格(税込)4800円
プレイ人数1人
(C)2007 Nintendo / muu muu

関連キーワード

任天堂 | ニンテンドーDS


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping