ニュース
2007年09月14日 20時11分 更新

「LOST ONLINE」アップデート――2006年新クエストを実装

 エムゲームジャパンは、MMORPG「LOST ONLINE」において、9月20日に新マップやクエストなどを含むアップデートを実施する。

 今回のアップデートでは、激戦区である2006年を舞台に、「デストロイヤーコアクエスト」と「暗号解読器クエスト」の2つのクエストが新たに実装される。2006年の新クエストには、LOST ONLINEに登場する敵の中でも屈指の強さを誇るが登場する。

2006年 新クエスト概要

 W.I.T.O.軍はEL.Aとの長期戦によって消耗した戦力を補うため、無人戦闘兵器の実戦投入を決定した。六本木に構築された戦陣基地の地下には無人戦闘兵器の生産施設があり、歩行式戦車「デストロイヤー」のプロトタイプの稼動テストが行われている。

 また、EL.IAの調査によると地下施設の最深部で巨大なエネルギー反応を捕らえたとのこと。数カ月前からEL.Aの兵士の間では、W.I.T.O.軍が移動式要塞を建造中だという噂が流れていたが、このエネルギー反応が移動式要塞のものだとすると完成間近だと思われる。移動式要塞はデストロイヤーの生産施設としても機能するため、これが地上の出てきてしまったら、EL.Aに勝機はなくなってしまう。偽造身分証を入手し、地下施設に侵入して無人戦闘兵器の実戦投入を阻止してほしい。


photophotophoto

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping