ニュース
2007年09月18日 20時50分 更新

「CABAL ONLINE」、新サーバ「ジュピター」オープン 初心者専用ギルドシステムの導入などアップデートも実施

photo

 ゲームポットは9月25日、同社が運営するWindows用MMORPG「CABAL ONLINE」(カバルオンライン)に、新サーバ「ジュピター」をオープンする。

 ジュピターは、「マーキュリー」、「ヴィーナス」、「マーズ」に続く4番目のサーバ。本サーバは16CHで構成された完全新規のサーバとなっており、新しい世界でプレイしたい人にオススメのサーバだ。

 9月18日にはアップデートが行われ、経験値テーブルが変更された。これまでレベル100以上の場合、レベルアップに必要な経験値が急激に上昇していたが、変更後は全レベルアップに必要な経験値量が見直され、100レベル以降は必要経験値量が軽減される。なお、各レベルの必要経験値が変わるが、150レベルまでに必要とする総計経験値は現在とほぼ同量。また9月18日メンテナンス終了以降に初めてログインしたキャラクターは、すべて最終ログインのレベルの状態で経験値が99.9%に調整される。

photophoto 初心者専用ギルドシステム

 同時に初心者専用ギルドシステムも導入。本システムは、新規でキャラクターを作ると、初心者専用ギルドである「修練者ギルド」に自動で登録され、ゲームを始めたばかりのユーザーでも、最初からコミュニティに所属することができる。ギルドの開設ができる40レベルまでのガイドとして活用可能だ(一般ギルドの所属は全レベル可能)。ただしギルド脱退を自分から行なう、最終接続時間から2週間超える、キャラクター作成後、1週間越えても4レベルまで達成していない、レベルが50に達成したといった場合、自動的にメンバーから脱退となる。

関連キーワード

CABAL ONLINE | サーバ | ゲームポット | MMORPG | Windows


[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping