ニュース
2007年09月20日 17時13分 更新

東京ゲームショウ2007:

「体験しないと楽しさは分かりませんよっ“直感”ゲームなので」と説明員──ドコモブース (2/2)

前のページへ 1|2       
photophoto 指揮者気分で携帯を振るハドソンの“音ゲー系”直感ゲーム「フルフルミュージック」(2007年冬配信予定)。東北地方が舞台の「桃太郎電鉄 TOHOKU豪華版」(2007年秋配信予定)やボクサー育てゲー「ボクサーズロード The MOBILE」(2007年秋配信予定)なども用意する
photophoto 3D化して携帯でも登場「Super 高橋名人の冒険島」(2007年秋配信予定)。ハドソンブースで“ご本人”も登場──なぜか元サッカー日本代表の前園さんと
photo ボンバーマンと“ガチャピン”がコラボ──「ガチャピン&ボンバーマン」(配信中)
photophoto 携帯を横向きに構えて遊ぶ、タイトーの「電車でGO! 山手線ワイド版」(2007年12月配信予定)。横向きでも意外に違和感なく操作できる、というかおもしろい。こういうタイトルももっと増えてほしい
photophoto カプコンブースは「ロックマンDASH 5つの島の大冒険!」(2008年1月配信予定)などの体験版がその場でダウンロードできる(左)。コナミデジタルエンタテインメントの直感ゲーム「SILENT HILL the Escape」(2007年冬配信予定)。上下キーで移動し、携帯を傾けて照準を合わせるFPS系アプリ。これ、非常に難しい
photophoto “ときメモ”は50Mバイトもの容量の大作に──「ときめきメモリアル2」(2007年9月配信予定)。そのほか、トルカ端末に携帯をかざすともらえるTGS期間限定の「グラディウス着せ替えツール」(非対応機種はFlash待受)も用意する(240×320/240×345/240×400/240×427ピクセルの各解像度に対応)
photophoto セガの北京オリンピック公式直感ゲーム「北京オリンピックゲームズ」(2007年10月配信予定)。携帯を前に、“走るように”手を振って操作する
photophoto 各小ブースをまわるスタンプラリー企画でプレゼントも当たる
photophoto 中央のステージではAKB48も登場
前のページへ 1|2       

[岩城俊介,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping