ニュース
2007年09月21日 01時43分 更新

東京ゲームショウ2007:

やはり血は争えぬもの? 松田龍平さん大活躍の「『Halo 3』スペシャルステージ」――マイクロソフトブース (1/2)

東京ゲームショウ2007のマイクロソフトステージで、お笑い芸人チームとミュージシャン/俳優チームに分かれての「Halo 3」チーム戦が開催された。強いと有名な5番6番樋口和之さんを差し置いて、俳優・松田龍平さんがかなりの好成績をあげた。

 いよいよ来週9月27日に発売日が迫ったXbox 360ソフト「Halo 3」。この発売を記念して、マイクロソフトブースで「『Halo 3』スペシャルステージ」が開催された。

 このイベントは、浅草キッドの水道橋博士さんをリーダーとする「お笑い芸人チーム」と、Dragon Ashの桜井誠さんをリーダーとする「ミュージシャン/俳優チーム」の2チームに分かれて、「Halo 3」の「キャプチャー ザ フラグ」で対決するというもの。参加したのは以下の人たちだ(敬称略)。

チーム お笑い芸人チーム ミュージシャン/俳優チーム
参加メンバー 浅草キッド 水道橋博士 Dragon Ash 桜井誠
浅草キッド 玉袋筋太郎 スチャダラパー BOSE
アメリカザリガニ 平井善之 松田龍平
ヨメザリ 平井有未 佐藤智幸
5番6番 樋口和之 サードメン 高橋卓也
5番6番 猿橋英之 市川洋介
さくらんぼブービー 鍛冶輝光 喜屋武ちあき

画像 お笑い芸人チーム
画像 ミュージシャン/俳優チーム

 メンツを見ても分かるように、いずれの方も芸達者ばかり。水道橋博士さんは「今日はオフ会ですから」と前置きつつ、「Xbox LIVEでつながってプレイしましたが、普段のライブでは絶対に顔あわせませんから(笑)」と話す。すると「お笑い芸人チームは仕事がないですからね。たっぷりとゲームに使って参りました」と、玉袋筋太郎さんが場内を沸かせる。「松田龍平はたたきつぶして、『野獣死すべし』にしてやります」(玉袋さん)。

 スチャダラパーのBOSEさんは、水道橋さんともよく知っている間のようだが、「たまには勝てるチームでやりたい」と、ミュージシャン/俳優チームに入ったそうだ。サードメンの高橋卓也さんも同じ理由だったのだが、「どこがミュージシャンなんだよ」と水道橋さんから突っ込まれる。なお、5番6番の樋口和之さんは、その筋では有名な「Halo」プレーヤー。「この中で一番強いですよ」と、猿橋英之さんも自信を見せるが……。

画像 樋口和之さん
画像 松田龍平さん

 ミュージシャン/俳優チームの桜井誠さんは、「ここにいるメンツの半分は、普段オンラインで一緒にプレイすることが多いですが、かなりプレイしてます。Xbox 360は。呼んでいただいて光栄です」と闘志を見せる。松田龍平さんは言葉少なに「先に『Halo 3』を遊ばせてもらいます」とコメント。ところで、我らが喜屋武ちあきさんも「ひさびさに徹夜で『Halo』をプレイしてきました」とコメントしていた(関連記事参照)。

画像 浜口優さん

 ゲームは、1つのチームが旗を守り、それを相手チームが取りに行くというもので、2回戦行われた。1回目のお笑い芸人チームは、平井善之さんと平井有未さんの夫婦、猿橋さん、玉袋筋太郎さんに。ミュージシャン/俳優チームは、松田龍平さん、市川洋介さん、喜屋武ちあきさん、BOSEさんという組み合わせ。ところがここで、なんとよゐこの浜口優さんが登場した。会場で見ていたのを水道橋さんが見つけた、というわけだ。「ふつうに遊びに来ました」と浜口さん。残念だが猿橋さんとチェンジ、となった。

 ところで勝負だが、あまり動きのよくないお笑い芸人チームに対して、やはりやり込んでいるミュージシャン/俳優チームは強かった。ダブルキルを決められるなど、あっさりとやられてしまうことも多かった。中でもうまかったのが松田龍平さんで、スコープで狙ってのヘッドショットだけでなく、ゴースト(コヴナントの乗り物)に乗ってはねて倒すというテクニックで相手をなぎ払っていた。結果としてもちろん、ミュージシャン/俳優チームの勝利。

画像 浜口さんをとらえた龍平ゴースト。この直後に引かれる
画像
画像

       1|2 次のページへ

[今藤弘一,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping