ニュース
2007年09月21日 17時43分 更新

「見てないで、いいからプレイしてみて」――「RISEFROMLAIR(ライズフロムレア)」の作者は語る

ソニー・コンピュータエンタテインメントブースにプレイアブル出展されているプレイステーション 3「RISEFROMLAIR(ライズフロムレア)」。制作会社であるFactor 5のジュリアン・エッゲブレヒト社長も来日したのでコメントをもらった。そこの人、見てないでプレイしなさい。
画像 Factor 5 ジュリアン・エッゲブレヒト社長

 ソニー・コンピュータエンタテインメントから10月11日に発売されるプレイステーション 3ソフト「RISE FROM LAIR(ライズフロムレア)」。米国のFactor 5現地取材などをこれまでお伝えしてきたので、ITmedia +D Gamesの読者の方にはおなじみかと思う。今回、東京ゲームショウ2007に合わせて、Factor 5社長のジュリアン・エッゲブレヒト社長が来日した。ソニー・コンピュータエンタテインメントブースでコメントをもらうことができたので紹介しよう。

―― ようやく制作終了、ですね。

ジュリアン・エッゲブレヒト氏(以下、敬称略) はい。ひと安心しました(笑)。

―― 日本のユーザーの反応を見ていかがですか。

エッゲブレヒト わたしたちの作り上げた作品が受け入れられているようでとてもうれしいです。あしたからの一般公開日が楽しみですね。

―― これまでのビジネスデーでは、プレイしたそうにしていても、周りを取り囲むだけで、「なんのゲームなんだろう?」と見るだけの人が多かったような気がします。

画像 ソニー・コンピュータエンタテインメントブースに展示されているプレイアブル
画像 そこで見ている人、プレイしなさいって

エッゲブレヒト もったいない! 是非プレイしてください(笑)。SIXAXISでのドラゴン操縦も気持ちいいですし。これまでにない体験をしてみてください。

―― ありがとうございました。



[今藤弘一,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping