ニュース
2007年09月22日 03時20分 更新

東京ゲームショウ2007:

ワタシはママに、ボクはパドルを回します――タイトーブース

タイトーはニンテンドーDSの4タイトルをゆっくり遊べるカフェ仕様でお出迎え。気になるパドルコントローラもなにげに初出展しているので遊んでみた。
wk_070921taito01.jpg

 タイトーは、「見て」、「聞いて」、「触れて」をテーマに、ニンテンドーDS用ソフト「クッキングママ2」、「EXIT DS」、「アルカノイドDS」、「SPACE INVADERS EXTREME」の4タイトルをプレイアブル出展している。中でも注目は「アルカノイドDS」と「SPACE INVADERS EXTREME」で使用できるパドルコントローラでのプレイが可能だったこと。

 「アルカノイドDS」は、新たにゾーン選択方式や新ゲームモードなどが導入され、完全アレンジ作品となっている。2007年12月6日発売予定。一方、「SPACE INVADERS EXTREME」は往年のスペースインベーダーのデザイン性を最大限に活かし、バックグラウンドムービーとインタラクティブサウンドを融合させることに成功した正統進化を体現させている。こちらは2008年2月発売予定。どちらもパドルコントローラ(2007年12月6日発売、価格は1800円)に対応しており、パドルを左右に回すと「アルカノイドDS」だったらバウスを左右に移動し、「SPACE INVADERS EXTREME」だったら自機が左右に移動するといった具合になる。パドルコントローラはニンテンドーDSのGBAカートリッジ部分に接続し、それぞれ「ホワイト」、「シルバー」、「ブラック」、「ピンク」と4色がそろう予定で、「アルカノイドDS」には同梱版も5040円(税込)で発売される。

wk_070921taito02.jpg パドルは意外としっくり手におさまる

 実際、遊んでみたのだが、パドルは小気味よく動き、重量感も申し分ない。ニンテンドーDSを手に持って電車の中でプレイなんてことはもしかしたら難しいと思われる方もいるかもしれないが、しっかり片手で固定すれば問題はない。もちろんテーブルの上に置いて落ち着いてプレイすれば安定感も増す。

 「アルカノイドDS」も「SPACE INVADERS EXTREME」も現段階でよくできていて、明日発売してもいいのではないかという出来だった。昔の思い出が蘇りながらも、新しい感覚でのプレイが楽しめた。もちろんどちらもパドルコントローラがなくてもプレイできる。

 ちなみに「クッキングママ2」は、レシピが80種類、調理行為が前作の倍の150以上となり、しかも4人での対戦も可能なシリーズ最新作。2007年11月15日発売予定で価格は5040円(税込)だ。また、「EXIT DS」は舞台をDSに移したシリーズ最新作で、災害現場から制限時間内に人々を脱出させるゲーム。こちらは2008年1月発売予定で価格は5040円(税込)。

wk_070921taito03.jpgwk_070921taito04.jpgwk_070921taito05.jpg 「アルカノイドDS」のサウンド面では、ZUNTATAの小塩広和氏を筆頭に、細江慎治氏(スーパースィープ)、Ryu☆氏などゲームサウンドの有名アーティストが結集している

wk_070921taito06.jpgwk_070921taito07.jpgwk_070921taito08.jpg 「SPACE INVADERS EXTREME」のゲーム中に発せられる効果音はすべてBGMにシンクロしており、ゲームをよりリズミカルに、よりエキサイティングに楽しませてくれる
(C)TAITO CORP.1986,2007
(C)TAITO CORP.1978,2007
※このゲーム画面は現在開発中のものです

[加藤亘,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping