ニュース
2007年09月22日 08時30分 更新

東京ゲームショウ2007:

アンビション、ジー・モードらが存在感を示すモバイルコンテンツコーナー

ゲームの祭典「東京ゲームショウ2007」には、大手ソフトウェアベンダーだけでなく、ケータイゲームベンダーもブースを構える。中で目を引くのがアンビションとジー・モードのブースだ。

 ゲーム専用機向けの新作タイトル紹介が中心の「東京ゲームショウ2007」だが、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルが大きなブースを構えてケータイゲームを大々的にアピールするほか、ケータイゲームを中心にタイトルをラインアップしているベンダーも、モバイルコンテンツコーナーで来場者に新作をアピールしている。

モバイルコンテンツコーナー最大のアンビションブース

Photo アンビションブース

 モバイルコンテンツコーナーは、幕張メッセホール4の、ドコモブースのすぐそばに位置している。小さなコマに携帯端末を多数並べ、プレイアブルデモを行うコンテンツプロバイダー(CP)が多い中、このモバイルコンテンツコーナー最大のブースを設営したのがアンビションだ。

 アンビションは携帯向けMMORPG「ネバーワールド」などを展開しているCP。東京ゲームショウ2007には3回目の出展となる今回は、広めのブースにバーカウンターのようなスペースを設け、来場者がいすに座ってじっくりとゲームを体験できる場所を用意した。

 現在βテスト中で、この冬から正式サービス予定の新作RPG「ワールドアイスランジスタ」を始め、シミュレーションゲーム「ネバーワールドストラテジー」、アクションパズル「ネバーワールドあみぱにDX」、代表作「ネバーワールドオンライン」などが実際にプレイできる。

 特にワールドアイスランジスタは、ゲーム内で自分の物語が作成でき、その物語を製本できるというユニークな機能を持つRPGなので、ぜひ体験してみたいところ。フリーワードでのコミュニケーションを実現しているのも注目だ。

 また、通路を歩く人の興味を引くのが、ブースに用意されたネバーワールドストラテジーの世界を表現したフィギュアや、ワールドアイスランジスタの世界の1コマを再現したジオラマ。またブース上部には大型スクリーンも用意しており、ひときわ目立っている。

PhotoPhotoPhoto アンビションブースでは、バーカウンターのようなスペースを用意。いすに座ってゆったりとゲームが体験できる(写真=左)。ブースにはネバーワールドストラテジーの世界を表現したフィギュア(写真=中央)や、ワールドアイスランジスタをモチーフにしたジオラマ(写真=右)なども
Photo アンビションブースには白ベースのコスチュームのお姉さんと黒ベースのコスチュームのお姉さん

ジー・モードは「ラグナロクオンラインGAMES」「キミキス」など多数出展

Photo ジー・モードブース

 もう1つ、モバイルコンテンツコーナーでイベント盛りだくさんの大きなブースを用意しているのがPC向けMMORPGと同じ世界を携帯上で実現した「ラグナロクオンラインGAMES」などを展開するジー・モード。ブースではこの秋以降配信予定の新作タイトルを展示している。

 注目タイトルの1つが「ラグナロクオンライン」の世界観をもとにしているカードバトルゲーム「ラグナロクオンライン カードバトル」。またプレイステーション2で人気を博した恋愛シミュレーションゲーム「キミキス」も10月に配信予定だという。人気RPGの続編「フライハイトクラウディア2」および「フライハイトクラウディア3」や、2007年中に配信予定の立体造形パズルゲーム「ドタバタ!びるDing」などの展示もある。

 また東京ゲームショウ2007会期中は、ジー・モードブース内にあるQRコードを読み取って特設サイトにアクセスすると、「ラグナロクオンライン」本編で使用可能なアイテム「リボン(朱)」のアイテムチケットID付き待受画面も入手できるので忘れずにチェックしたい。

 なお、9月20日には「ケータイ少女」のドラマ化も発表された。石井めぐるさん、仲村みうさん、しほの涼さん、竹中有希さん、小池里奈さん、高木歩惟さんなどをキャスティングして実写ドラマを作成する。

 ちなみにドコモブースやKDDIブースでは、ドコモダケをモチーフにした「ぷかぷか☆ドコモダケ」や「ピコピコ リスモ!」「ふりふり リスモ!」などの展示もある。

ケムコ、ユビテクノ、ゲームロフトなども試遊機を用意

 ブース内にパチスロの実機とともにゲームを展示していたのはユビテクノ。パチスロメーカーの公式サイト「アビリット共和国」「岡崎ミラクルIsland」「ベルコYou遊ランド」「yama小屋」向けの未公開アプリを先行展示しているほか、パチスロゲームなども出展。さらに今夏オープンした総合コミュニティサイト「plus-U」のデモなども行っている。

 iモード、EZweb、Yahoo!ケータイ、CLUB AIR EDGEと、各キャリア向けにさまざまなコンテンツを提供しているケムコは、大きなパネルを中心にブースを構成。12月以降に配信予定の「科学忍者隊ガッチャマン」をモチーフにした携帯向けRPGなどを大々的にアピールしていた。

 世界各国で携帯向けゲームを配信しているゲームロフトは、特別講演などを行ったものの、ブース自体はとても小さく目立たない位置にある。とはいえ、ゲームが試遊できる端末を複数用意しているので、気になるタイトルがあれば立ち寄ってみたい。またケータイゲームのポータルサイトとも言える「アプリゲット」を提供するスパイシーソフトは、冊子の配布なども行っていた。

PhotoPhotoPhoto ユビテクノブースではパチスロの実機とともにケータイアプリを展示。ケータイゲームではなくパチスロに興じる来場者も。もちろん試遊機も多数用意しており、その場でいろいろなアプリを体験できる
PhotoPhoto 「科学忍者隊ガッチャマン」のRPGをアピールするケムコや「アプリゲット」で知られるスパイシーソフトもブースを展開

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping